「はじめての妊娠~あっくん版~(全18話)」の目次

あっくんにとっての妊娠

まだ見ぬ赤ちゃんと共に過ごした妊娠中は楽しくて、充実して、とても幸せでした!

妊娠の発覚

薬局で売られている妊娠検査薬。検査薬で陽性反応が出たら、ほぼ間違いなく妊娠です。

妊娠と薬

特に妊娠初期は、妊娠の可能性がある方は絶対に薬など迂闊に口にしないで下さい!

眠りについて

たとえ休んでいても、からだは胎児を育てるために活動しつづけているのです。

体重について

一般的に「妊娠中の体重は10キロまでの増加が望ましい」と言われています。

妊娠と仕事

つわりや妊娠中毒症で急に仕事を休むことはできないので続けるのが難しい

ベビー用品

マタニティやベビー用品はなどは、友人知人の中で譲り合い、使いまわしていくもの

マイナートラブル

大きなトラブルはありませんでしたが、小さな身体の変化や不快症状はありました。

名づけ

妊娠後期に入り、性別も男の子とはっきりしてから、夫婦とも真剣に考え始めました。

妊娠2ヶ月の頃

自分の身体の持っていきかたをわきまえれば、まだまだ引きこもって過ごす必要は全くなし

妊娠3ヶ月の海外旅行

海外旅行保険は、あらかじめわかっている妊娠の通院や病気には保険が適用されません。

妊娠4ヶ月の頃

産婦人科での妊婦検診は、2週間に一度から1ヶ月に一度のペースになっています。

妊娠5ヶ月と胎動

5ヶ月半ばには胎動も感じはじめ、周囲からも「妊婦さん」と気づかれはじめました。

酷暑の妊娠6ヶ月

例年以上の酷暑に自分がバテ気味のせいか、胎動が弱まった?ような時期もありました。

妊娠7ヶ月の海外旅行

どうしても大切な用事があり、妊娠後期に入る直前に再び中国へ行ってきました。

妊娠8ヶ月の頃

我が子はお腹の中で、私の演奏を毎日毎日聞かされて、すくすくと元気に成長しました。

妊娠9ヶ月の頃

まだ臨月に入る前、無理は禁物ですが、体力を落とさない程度には動きましょう!

妊娠10ヶ月、ついに!

臨月に入り、産婦人科の先生も「もう正期産ですのでいつ産まれても大丈夫」とのこと

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]