トップ >  はじめての妊娠~あっくん版~(全18話)

妊娠10ヶ月、ついに!

妊娠10ヶ月に入るのが36週目、
あっくんはその翌週に、車で10分の実家へ里帰りしました。

この頃は散歩も距離を長くして、病院の帰り道に
2時間かけて帰宅することもありました。
紅葉の美しい季節だったこともあり、夫や母と一緒に
地元の紅葉スポットへ歩きに行くこともありました。

息子はこの頃でもそれほど大きくはなかったのですが、
2500グラムぎりぎりはあったようです。

ついに臨月に入り、産婦人科の先生から
「もう正期産ですのでいつ産まれても大丈夫」と。
そして、
「よく歩いてください」

こうなれば「よし来た!ついに来た!」です。
検診の帰りは必ず歩いて帰宅。
寒い中雨に濡れて帰ったことも・・・

そして、極めつけは実家での押入れ整理でした。
誰も見ていないのをいいことに、
なんとあっくんは押入れの2段目によじ登って、
上の棚を下へおろしたり、衣装ケースを持ち上げたり・・・
古い雑誌を処分するため、何冊もかかえて階段を何往復もしました。

どう考えても臨月の「でか腹妊婦」の行動ではなかったのですが、
「いつ産まれても大丈夫」という気持ちでした。

その翌日は予定日の10日前。

妊婦にあるまじき力仕事したからか?
まさか・・・朝からいきなり10分間隔で何だかお腹が痛いんやけど。
ゲッ・・・トイレに行ったら「おしるし」が。

スポンサードリンク

 

< 妊娠9ヶ月の頃
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]