トップ >  はじめての妊娠~あっくん版~(全18話)

妊娠と薬

あっくんが妊娠したのは春。
長年来の花粉症が非常に辛い真っ只中でした。

花粉症で辛い春を過ごされる方は年々増えている
ような気がしますが、妊婦や授乳期の母親にとっては大変なこと!

この時期、あっくんはアレルギー症状を抑えるため
「アレグラ」
そして本当に辛い日は
「ロキソニン」
という頓服薬を飲んでいました。

妊娠検査薬で陽性反応が出た前日まで、
このような薬を飲んでいた自分を猛烈に反省し、後悔しました。

本やインターネットで関連内容のものを探して読みましたが、
結局のところ飲んでしまったものはどうしようもありません。

初めて産婦人科へ行ったとき、先生に
「大丈夫でしょうか?」
と尋ねましたが、先生は
「それはなんとも言えない。胎児に異常が起こるのは薬のせいだけではないし・・・」
というような返事でした。

私の場合の結果を申し上げますと、
産まれた我が子に異常はありませんでした。
しかし、妊娠の可能性がある方は絶対に薬など迂闊に口にしないで下さい!

特に妊娠初期は、豆粒の胎芽でも生命の核がつくられる
重要な時期です。

スポンサードリンク

 

< 妊娠の発覚 眠りについて >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]