トップ >  うれしいけれどちょっぴり不安だった妊娠体験記(全6話)

2人目の妊娠初期

二人目の妊娠の時は始め月経のような出血がありました。

「あっ、生理がきたなぁ・・」とブルーになっていたのに
出血が止まってしまったんです。

「もしや妊娠!?」・・とは思いましたがただの生理不順でがっかりしたくなかったので
あまり期待はせず2~3日夫にも言わずに様子をみようと思いました。

その後も出血することはなかったのでやっぱりそうなのかなぁと思い夫にも話して
一人目の時同様、妊娠検査薬を使うことに・・

結果はやっぱりできてました。

一人目の時も「着床出血」を経験済みだったので
今回の出血はそんなに驚きませんでした。

それよりもなによりも臨月にやってくる病院の先生の
「スペシャル内診」(ものすごく痛いやつ)
をまた受ける事の方が不安?でした。 笑

でも検診を受けないと赤ちゃんが無事なのかもわからないと思い
検査薬を使った一週間後ぐらいに上の子時と同じ病院で診てもらいました。

「おめでたですよ」と先生から温かい言葉をいただいた時には
「スペシャル内診」のことなど忘れていました。 笑

「○○さんは上のお子さんがいるからだいたい要領はわかるよね?」
と言われ
「はい」
と答えてしまったんですが三年も間が空いてしまうと色々忘れてしまうものです。

次々現れる症状(眠気、頻尿、おりものの増加など・・)に
「あ~この感じこの感じ」となんだか懐かしさを覚えてしまいました。

スポンサードリンク

 

< 妊娠後期の七ヶ月から臨月 安定期でも酷かったつわり >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]