トップ >  うれしいけれどちょっぴり不安だった妊娠体験記(全6話)

むくみで手足がパンパンになった妊娠後期

まだまだ続くつわりに悩まされていたのもつかの間、
今度はむくみで手足がパンパンにはれてしまいました。

先生からは塩分を控えるように言われましたが、
上の子に合わせて外出することも多く、
一日中外にいて立ちっぱなしなんてこともしょっちゅうだったのでむくむ一方でした。

むくみがひどくてサンダルが入らないことも・・
睡眠や休むときに足を高くするといいと聞きやってみたんですが、
すぐまた元に戻ってしまいました。

お腹の子も一人目のときより子宮の伸びが良いのか大きめに育ってました。
足の力がものすごく強く蹴られると痛いと思うほどでした。
恥骨もずっと痛かったです。

お腹の張りも常に感じていました。
上の子がいるのでちょっと横になる事も出来ず臨月はほんとに辛かったです。

お腹の赤ちゃんも相変わらず大きめだったらしく先生からは
「お通じがきたときに気張ってると赤ちゃんでそうな感覚ある?」と
毎回言われていたのでちょっと不安でした。

「スペシャル内診」は一人目の時よりは痛くなかったですが、
やっぱり受けるのは嫌でした 笑

その内診で赤ちゃんが早く出てくるように刺激しているとも聞いていたので、
ほんとに赤ちゃんが大きいなら刺激して、
もらって早く出てきてもらったほうがいいのかな?とも思いましたけどね 笑

スポンサードリンク

 

< 安定期でも酷かったつわり
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]