トップ >  ひろの妊婦初心者体験記(全8話)

出産予定日の当日に破水

予定日2日に、健診に行きました。

内診してもらい、
先生に言われたのは、

「まだ、子宮口が開いてないね。
赤ちゃんもそんなにおりてないね。」

子宮口って、
陣痛が始まってから開くわけじゃないんですね。

先生には、
出産が遅れるかも、と言われ、
適度に運動してくださいね。
と言われました。

ひろは、運動が大嫌い。
しかも、眠りづわりはずっと続いていたので
家では、寝てばかりでした。
…反省。

予定日ぴったりに産まれる偶然は、
そんなにないかもしれないけど、
ひろは、
遅れるのだけはなんとなくイヤでした。

遅れれば遅れるほど、緊張してしまうから。
早ければ、突然陣痛が始まっても、
心の準備もする余裕がないくらい、
さっさと過ぎ去ってしまうけど、
遅れれば、きっと頭の中は、
四六時中陣痛のことばかり考えてしまいそう。

それに、
赤ちゃんも、どんどん大きくなって、
出産が大変になるんじゃないか。
そんな不安がありました。

入院の準備もばっちり!
家を空ける間の夫へのお願いもばっちり!

あとは、陣痛を待つだけ。

でも、
先生に、遅れるかも…と言われ、
落ち込み気味で家に帰りました。
その日は、家でおとなしくしていました。

次の日…
「こうはしちゃいられない!」
「早く我が子に会いたい!」
そんな思いで、
私…がんばりました!

近くの歩道橋を15分以上昇り降り。
鼻歌なんか歌いながらやっていたから、
結構、楽しかったですよ。

その運動の甲斐あってか(?)、
それとも無理のしすぎだったのか(?)、
出産予定日当日の明け方…

破水しました!

数時間後には、
いよいよ、かわいいわが子との対面です。

スポンサードリンク

 

< 逆子体操
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]