トップ >  私の妊婦時代、あれこれ(全5話)妊娠体験談Vol.1~10

「もしや ! ?」と思った妊娠2ヶ月

オメデタと分かったのは、妊娠2ヶ月目でした。

その頃は何日もナゾの微熱が続き、体がだるいような感じが
ありましたが、休むことなく仕事に行っていた私。
軽い風邪かと思い、ほとんど気にしていなかったのです。

しかし、なかなか熱は下がらず、順調だった生理も遅れており、
何だか胸もお腹も張りを感じる…。
妊娠に関して呑気に構えていた私も、ようやく「もしや!?」
と思い始めました。

妊娠検査薬を試してみると、陽性反応!
産婦人科での診察の結果も、見事「オメデタ」!

医師から「重いもの持ったり、とにかく無理しないように。
お腹に力を入れすぎたりしないようにね。」と妊娠初期の過ごし方を
説明され、今が大事な時期と知らなかった呑気すぎる私は、
「しまった!」と思いました。

気づいていなかったとはいえ、微熱が出始めてからも、私は毎日
自転車通勤していたのです。段差も何のその、遅れる!と思えば激チャリ、
坂があれば立ちこぎ…。階段があれば「運動だ」と言ってよく駆け上がって
おりました。

大げさかもしれないですが、早めに受診して良かったと思います。
あの勢いで過ごしていたら、どうなっていたことか。
赤ちゃんは元気ですよ~と言われ、心底ホッしました。

スポンサードリンク

 

健診のお楽しみ >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]