トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

妊婦の風邪

妊娠5ヶ月は胎動もずいぶんわかるようになってきて、
お腹も一日に何回も張るようになりました。
少しずつ春に近づいてきたので、増えてきた体重を落そうと、
いろいろなところへ行く時はほとんど歩いて行っていました。

ちょっと無理しすぎと、季節の変わり目のせいか、ひどい風邪をひいてしまいました。
妊婦は薬は気を付けなければいけないと知っていたので、気をつけていたのに...。

熱は38度近く出て(普段はほとんど熱が上がらないのでこれでも高いのです)
ものすごい鼻づまり、たん、咳とこれでもかのオンパレード!

それでも意地と信念で、(正しかったかはわかりません...)
風邪薬を一切飲みませんでした。もちろん病院に行けば出されてしまうので行きません。

旦那がおかゆを作ってくれたり、だいこんはちみつをたくさん作ってくれ、
熱を下げるために冷やしてくれて、なんとか乗り切りました。
でも楽しみにしていた母親学級は一回休むことになりましたが...。

「妊婦体操」というものをやるという回だったので、みんなで体を動かして
リフレッシュしようと思っていたんです。
体調管理が甘かったから、仕方ないですね。

こうやって自分の妊娠生活を文章にしてみると改めて、
旦那と一緒に乗り越えてきたんだなあと感じます。

その時は自分の事が大変でなかなか感謝の言葉もかけていなかったかも...。
本当にありがとうね。ひづめの旦那様。

スポンサードリンク

 

< 母親学級 ひづめの妊娠6、7ヶ月目 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]