トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

ひづめの妊娠6、7ヶ月目

この頃になるともうすっかりお腹が大きくなり、どこからどうみても妊婦!
という感じになります。お腹の成長はどんどん進んでいるのに、
お母さんとしての心の成長は全然で...。

だんだん旦那の出張が多くなってきて、
一人ぼっちの日がしょっちゅうあると、さみしくて泣いたりしていました。

その度に『こんなんじゃしっかりしたお母さんになれないぞ!』
と自分に言い聞かせ、一人で検診に行ったりしていました。

でもせっかく聞いた赤ちゃんの順調に育っている事や、
胃が気持ち悪くなって、もどしたりする事が増えてきた事が
当たり前らしいということも報告出来ないから物足りないのですね。

こんな風に暗くなっていると赤ちゃんに影響が出てしまうと思い、
ひさしぶりに美容院に行ってみました。のび放題だったから...。

でも中に入ったら、ものすごい音量で音楽がかかっていて、
切っている間もいつもはものすごいぐるぐる、ぼんぼんお腹が波打つくらい動いているのに
全然動かなくなってしまって、心配になってしまいました。

ときどき美容師さんが席をはずした時に、おなかをさすりながら
『大丈夫だよ、安心してね。』と心の中でつぶやきました。

そしたらその度にちゃんと、ポコッて答えが返ってくるんです。
この時期のひづめ赤ちゃんはとても反応が早くてすごく楽しかったです。

多分男の子だろうなあ。
こんなに元気だし、お腹の膨らみ方が前に突き出している感じだし。
30週に入ったら性別を教えてもらえるので、あと一月でわかります。

スポンサードリンク

 

< 妊婦の風邪 超音波で性別判定 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]