トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

臨月!出産準備編

ついに来てしまいました、臨月が。

だんだん喜びよりも、怖いという気持ちになる事が多くなってきてしまいます。
一番の心配はやはり『陣痛に耐えられるのか?』という事です。

インターネットで出産体験談を読んだり、
旦那や母親にもその胸の内を話したりしていました。

旦那は「大丈夫だよ、ひづめなら。俺がついてるからさ、ずっと。」と言ってくれたし、
母にいたっては、
「そんなの平気に決まってるでしょ!そりゃ痛いけど産まれたらすぐ忘れちゃうんだから。」
とサラッと言ってのけました。母は強し!

それになるべく笑っていた方が赤ちゃんにはいいと聞いていたので、
そんな不安なことで暗くなり過ぎないように、笑って過ごすようにしました。

さてそろそろ出産の準備の確認です。
まずは持ち物。

事務手続に必要なものとお金。産褥ショーツ、
乳帯(子宮の戻りをよくするために産後巻くそうです)
スリッパ、湯のみ、スプーン、はし、洗面用具などなど....

合宿の準備のようです。それをおおきな鞄につめました。
あとはお産の始りの印をもう一度おさらい。

  • ときどきお腹が張る
  • 胃の圧迫感がなくなる
  • おしっこが近くなる
  • 足の付け根が痛くなる
  • おりものが増え、血が混じる事がある(おしるし)

よし!準備OKです。
もうここまで来たらジタバタしてもどうしようもないのです。

検診に行くのも1週間に一度のペースになってきて
周りはみんな「自分で運転するのは危ないからタクシーで行きなさい!」と言うのに、
歩くと気分がよくなるのでやめませんでした。(頑固者ですね、ひづめは)

数カ月前の倍くらい時間はかかるんですけどね。
そんなでしたが、経過はとても順調でした。

スポンサードリンク

 

< 逆子が治らない 明日は出産予定日 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]