トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

陣痛の痛みを耐えた方法

出産予定日より一日遅れの夜中の2時過ぎ....。
お腹の痛みで目が覚めました。わりとぐっすり眠る方なのですがはっきりわかりました。

陣痛のくる間隔を測ってみると、10分おきになっています。
夜遅くまでの仕事で疲れているみたいな旦那でしたが、
「始ったみたい。」と告げると、
ちょっと緊張した面持ちになしました。

それから2時間くらいたって、間隔が5分おきくらいになってきたので
病院に電話しました。「逆子なのですぐ来て下さい。」ということでした。

でも暑い日でからだが汗で気持ち悪くて、
お風呂に入って体をよく洗ってから出かけました。

きっと陣痛は長くかかるし、
お産してすぐはお風呂に入れないと思ったのです。

病院に着くと、すぐに陣痛室という部屋へ...。
一番よくないといううわさのまん中の部屋になってしまいました。

逆子なので一番分娩台に近いところじゃないとダメなそうです。
でもここは一人ずつ個室になっているのでそれはよかったです。

しかし...そのあと陣痛はどんどん弱まってしまって
また10分間隔くらいに戻ってしまいました。

痛みも下腹がウッとなるくらいのもので、
その後にくる壮絶な痛みとは比べ物にならないものでした。

出された昼御飯もあっというまに食べてしまうくらいでしたから。

その後どんどん間隔があいてきてついに15分間隔に。
看護婦さんにも
「その様子じゃ夕方くらいまで難しいわね、今日はダメかな。」
なんて言われてショックを受けていたら、
その落ち込みに反応して赤ちゃんが頑張ったのか
急に痛みが強くなってきました。

だんだん寝ているだけではその痛みに耐えられないくらいになってきます。
ただ寝ていると痛みがいろんなところに分散していくような感覚になってきて、
足をバタバタさせるようになしました。
ベッドの上であぐらをかいて、おしりにボールを入れるのが一番きいた方法でした。

そのあと6時間くらいものすごい痛みが続きました。
旦那と母がずっとついていてくれたのですが、
あまりの辛さに泣きわめいたり、さすって!早くとか、
ものすごいきつい言い方をしたりしてしまうほど。

母は途中で部屋を出ていってしまいましたが、
旦那はありとあらゆる私の要望を叶えてくれていました。

そして破水。逆子だし危険な状態になりやすいのですぐ分娩台へ。
呼吸法をさせられたのですが、もう体力はほとんど残っていなく意識も朦朧としてきて...。

旦那の声だけが聞こえてきたのでなんとかそれを頼りにやりました。

逆子なのでおしりから赤ちゃんが出て来ました。
最後はスポーンと抜けるような感じになって出て来ました。

初めて会ったわが子はあまり元気な泣き声じゃなく、
色も青黒くなってしまっていて、辛かったんだなと思いました。

でも会えてよかった。ありがとう、産まれてきてくれて...。

スポンサードリンク

 

< 明日は出産予定日
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]