トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)妊娠体験談Vol.1~10

ひづめのもしかして妊娠?

ひづめにとって、初めての妊娠は突然おこりました。

それまでの5年間、バリバリとまではいかないけど
結構ハードな仕事を続け、結婚してもしばらくは子供は
作らずにいようと思っていたからです。
それがまさか結婚して1年で妊娠しようとは...。

はじめは「最近胃の調子が悪いなあ...。今日もおにぎりとお味噌汁だけで
いいや。」と昼御飯をほとんど食べずに仕事をしていたのですが
ついにダウン、会社を休んでしまいました。

金曜日だったので、土日しっかり休めばきっと大丈夫などと
気楽に考えていました。

でも吐き気は治まるどころか、ますますひどくなるばかり。
ここでやっと「もしかして妊娠?」と気がつきました。(遅すぎますね)

さっそく妊娠検査薬を旦那に買ってきてもらって
すぐにトイレに駆け込みました。

妊娠検査薬の結果は....陽性。何回見ても、陽性。
避妊もしていたし、どうしても信じられないので
次の日に産院に検査に行く事にしました。

大きな大学病院は家の近くにあったので、
ひづめにとって初めての妊娠かもしれないし
あまり体が丈夫ではない方なのでそこにしようと旦那と決めました。

しかし、ものすごく混んでいてつわりのひどい私にとって
辛い待ち時間になってしまいました。
2時間も待ってやっと通されて...

「つわりがひどくて何も食べれないんです。」
「そうですか。」ってそれだけ??

あまりにもそっけなくて不安になってしまいました。
でも「5週目に入っています。」と写真を見せてもらうと
そこには小さな小さな丸いのものが浮かんでいた。
ひづめの赤ちゃんはやっぱりお腹に宿っていたんだね。

嬉しい気持ちと、これから仕事はどうしようとかいろんな事が
頭をグルグルした。
こんなに何も食べられないで赤ちゃんが本当に育ってくれるんだろうか?

スポンサードリンク

 

仕事をやめる事に >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]