トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

このまま食べれなかったら

ひづめも妊娠8週目に入った。

この頃になると食べる事が怖くなるようになってきてしまいました。
食べればまたあのものすごい気持ち悪さと、
胃の痛みがおそってくるんだと思うからです。

でもそんな私になんとか食べられるものをと旦那はいつも
ヨーグルトとか、アイスとかを買ってきてくれて
おまけに御飯も自分で作って食べてくれていました。

あの時は自分の事で精一杯で何も言えなかったけど、ほんとありがとう。

今日は二回目の妊婦検診...タクシーを呼んで一人で病院へ..。
超音波でみたわが子は前よりだいぶ形になってきました。

前はたまごみたいな形だったのに、おさかなみたいな形。
まだ全然人間らしくないけどもうこんなに大きくなっているんだと驚いてしまう。
だって母親はほとんど何も食べていないのに...。

きっともともとの貯えがあったからそこから赤ちゃんに栄養を
あげられているのかなあ...などと感じていました。

でも子宮の中で少し出血が見られるし、おりものも濃いので
調べましょうという事になってしまいました。

尿をとって検査したら、やはり栄養不足。
そのあと点滴を2時間半もしました。

でもそのあとはずいぶん元気が出てきました!
まだ病人食のようなあっさりとしたものと甘いものしか食べられなかったけど。

特に出血したりもないし、なかなか順調だ~。
つい調子にのって大好きなラーメンを食べてしまいました。

その夜..というか明け方近く、ものすごい痛みが胃のまわりにおそってきて
トイレに駆け込みましたが何も吐かないし、お腹も下していない。
30分苦しみ続けた後、少しおさまってきたからまた横になりました。

さすがにまだラーメンは早かった...。
もう少し慎重に食べないとなあと反省しました。

スポンサードリンク

 

< 仕事をやめる事に 妊娠生活を支えてくれる人達 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]