トップ >  ひづめの妊娠は突然にやってきた(全12話)

妊娠生活を支えてくれる人達

ひづめの妊娠生活も12週目(4ヶ月)を迎えました。
もう母子手帳ももらってすっかりママな気分になってきました。

お天気もよく、気分のいい日は散歩も30分できるくらいつわりも落ち着いてきました。
ほんの数週間前は「このままず~っと食べられない日々が続くんだわ...。」
なんて思っていたのに。
妊娠生活はどんどん変化をしていくものです。

お腹もだいぶ大きくなってきました。
もちろん赤ちゃんが育ってくれてとっても嬉しいのが一番なのですが
なんだか体がどんどんドラえもんのように寸胴になってきて
女としてはどうなんだろうなあなんて思う事もちょっぴりあって...。
でもそんなこと旦那にはなかなか言えないでしょう。
どう思っているかななんて気になりつつも...。

でもね...夜一緒にお風呂に入っている時(恥ずかし~)
『俺はひづめのお腹が大きくなっていくのが楽しいよ。』って
言ってくれたんです。
ああ~、一緒に妊娠生活を楽しんでくれているんだと思ってすごく嬉しかった。

あと母親からも、
『子供は自然に育っていくし、
生活に困れば何とかしてあげるから安心して産みなさい。
ゆったりした母親から、ゆったりした子供が産まれるんだから。』
初めてで不安だらけの毎日。
でもこうして周りの支えがすごく有り難いなあという事も深く感じます。
赤ちゃんは私に大事な事を沢山教えてくれます。

スポンサードリンク

 

< このまま食べれなかったら 母親学級 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]