トップ >  Reiの無茶ばっかり!?の妊娠体験記(全24話)

妊娠6ヶ月の急性中耳炎

妊娠6ヶ月後半の時、急性中耳炎になってしまった。

朝起きると片耳が熱をもっていて、
なおかつ、音も聞こえない…。
(前日に泣きすぎたからかも)

出社はしたものの、やはり違和感があり、
会社を抜けて近くの耳鼻科へ行くことにしました。

診察中に、
『これは急性中耳炎になってますね』
と言われ、説明もなく急に耳の鼓膜に穴を…。
ビックリしたのとかなりの痛みに涙。

そして、お腹の中にちびがいるため、飲み薬ではなくて、
痛み止め(治癒促進剤?)の注射を腕にしてもらいました。

こちらは先ほどの方が痛かったせいか、
あんまり痛くもなく平気だった。

終わった後も鼓膜に穴があいてるので、
やはり、音は聞こえない。

夜になるとさらに熱を持ちだし、
保冷剤を当てて凌ぎました。
もちろん開けた耳は下に向けて就寝。

翌日朝には耳から出たと思しき血混じりの液体が枕に…。
でもこれでだいぶ楽になりました。

だがひと月位はやはり鼓膜に穴を開けた影響で聞こえにくく、
話しかけてるのすらわらかず、かなり大変な生活を送りました。

スポンサードリンク

 

< 妊娠時のお葬式でしてはいけないこと 産休&育休は使わず、おめでた退職 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]