トップ >  我が家の王子(全10話)

妊娠後期の憂鬱な生活

妊娠後期、もうすぐ臨月。
胎児は、皮下脂肪が完全に付き4頭身の姿になり、
立派な新生児になってるそうです。

「早く出ておいで~ 待ちきれないよ。」
毎日、お腹に話しかけていた。

ソファーにもたれ、
まあるいお腹をさすりながらテレビを見るのが、日課になっていた。
「あ~ 早く楽になりたい・・」
そんなことばかり、考えていたっけ。

お腹が張る回数もだんだん増えていた。
お腹が、ガチガチに硬くなるので、すごく怖かったのを覚えている。
妊娠後期は、子宮が収縮してくるためお腹が張るそうだ。

何だか、腰も痛いし、足もむくれるし、おしっこが近いため睡眠不足にもなるし
妊婦生活が憂鬱になりかけていた。

いちばんつらかったのは、こむら返し!
特に、寝ているときに起こり悲鳴をあげるくらいだった。

夜眠れないから、昼間寝るのか、昼寝をするから夜眠れないのか。
毎日、毎日、ダラダラしていた。
掃除もイヤ。炊事もイヤ。
「もうヤダー。」
情緒不安定になっていた。

スポンサードリンク

 

< 妊娠後期、妊婦から母への実感 グータラな里帰り生活 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]