トップ >  我が家の王子(全10話)妊娠体験談Vol.1~10

妊婦さまさま

結婚2年目の冬。
私たち夫婦は、子作りに専念していた。

「もうすぐクリスマスだけど、プレゼントは何がいい?」
私は得意気に旦那に問いかけると、「何でもいいよ」と返事が返ってきた。

昼間、妊娠判定薬で検査を済ませていて、もちろん結果は陽性!
もったいなくて、教えたくなかった。
でも、本当はものすごく言いたくて・・
だから「子供が欲しい」って言って欲しかったの。

そんな旦那から「あっ、メガネが欲しい!」とまたひと声。
「はぁっ。たくさん持ってるし、メガネなんか、今かけてるので十分よ。
これからお金がかかるから、ダメダメ!」
「じゃあ、ジーンズ。」と言い直す。
うちの旦那はこんな鈍感な男です。

まあ、普通わからないか・・・
私は、とうとう発表することにした。

「これ、見て!」っと昼間した判定薬を見せた。
判定薬って、結果の窓に陽性の印が付いていて、
それって、時間がたっても消えないんですね。
旦那は「これって妊娠判定薬?妊娠したってこと?すげ~!病院は?」
っと、興奮していた。
「ってゆうか、こっちには尿が付いてるん?汚ね!」って、
あんた、そりゃないよ~・・・

「明日にでも、病院に行ってみようかな?」っと言うと
「大丈夫?ひとりで」って。
おいおい、付いてこなくてもいいけど、「一緒に行こうか」的な言葉が
欲しかったであります。

でも、その日の夕飯の後片付けは旦那がやってくれて
私の「妊婦さまさま」の生活が始まったのです。

スポンサードリンク

 

妊婦が通る >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]