トップ >  ハヅの妊婦2年生(全8話)

帝王切開手術という苦渋の選択

妊娠38週に入ったころ、前駆陣痛がありました。

あまりに定期的(10分間隔)にきて、
夜もゆっくり寝られないほどだったので、
もしや陣痛?!と思い、
産婦人科に電話した。

「入院の用意を持ってきてください」
とのことだった。

朝6時ごろ、夫と子供とともに病院へ向かった。

でも不思議…。
病院についたとたん、陣痛がなくなっていたのです。

とりあえず、赤ちゃんの心音を聞く装置を
しばらくの間つけられました。
やっぱりおなかのはりはおさまっていて、
前駆陣痛だったらしい…。

その後、先生に内診してもらいました。
何か、気になることがあったらしく、
レントゲンを撮ってもらい、
話を聞くとき、「旦那様もご一緒にお入りください」と言われた。

夫も呼ばれるってことは、赤ちゃんに何か起こったのか?!
心配で、急に緊張が走りました。

先生の話によると、
「逆子で、骨盤もそんなに広くないから、
自然に陣痛が来るのを待つと、赤ちゃんが大きくなって、
難産になるかもしれない。

それに、普通分娩では、おしりあたりの骨が折れるかも。
私は、手術(帝王切開)を勧めますが、
普通分娩に挑戦しますか?」
とのことでした。

とりあえず、赤ちゃんは無事でほっとしましたが、
すぐに結論を出さないといけない状態で、
私たちは苦渋の選択を強いられました。

もちろん普通に産みたい!
でも、出産で痛い思いした上に、
その後も骨折の苦しみに耐える勇気までない。

夫も、ハヅの体を心配したうえで、
帝王切開にしようといってくれました。

私も一度、普通分娩を経験してるから、
帝王切開でもいいかなという思いで、紙にサインをしました。

手術は4日後です。
産まれて来る赤ちゃんの日にちが分かるのは、
何だかとても不思議な気持ち。

ただ、その前に陣痛が来ないかって
とても心配でした。

練習したソフロロジーの成果を
発揮できる場は、結局なくなっちゃったけど、
何より、
無事に赤ちゃんが生まれてくれればそれでいい。

やっと4日後に会えるね!

スポンサードリンク

 

< あだ名は「むっくみん」
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]