「夫婦の仲を繋ぎ止めてくれた妊娠(全21話)」の目次

もしかして妊娠?

生理が10日くらい遅れていたけど、生理前の症状は出てるし、妊娠の兆候だとは思いませんでした。

妊娠検査薬で陽性反応!

さっそく妊娠検査薬で調べてみると、陽性の結果が出ました。でも、医者から「無排卵月経」と言われた経験が!

チーボ病院に行く

バイトを午後からにしてもらい、病院に行って妊娠検査をすると、妊娠2ヶ月目に入っていることがわかりました。

赤ちゃんありがとう

今にも離婚しそうなくらい夫婦仲が悪かった私たちが、私の妊娠をきっかけに嘘のように仲の良い夫婦に変わりました。

二度目の産婦人科

妊娠中に結婚式と新婚旅行を行うことを予定していた私たちは、産婦人科の先生のアドバイス通りに近場で済ませることになりました。

食べづわり

妊娠をすると「つわり」がありますが、お腹が空くと気持ちが悪くなってしまうのが「食べづわり」というものです。

妊娠初期の不快な症状

妊娠初期に妊婦が体験する症状としては、つわりが代表的ですが、他にも頭痛、吐き気、めまいなども感じていました。

辛かった車での新婚旅行

妊娠3ヶ月目に結婚式をあげて、つわり真っ最中の時に、車で新婚旅行に行ってきました。つわりで車に乗るのは厳しかった。

産婦人科から助産院へ

人から自然出産の話を聞くうちに興味が湧いてきて、助産院に見学しにいきました。助産院の環境は素晴らしく、ここでの出産を決めました。

妊娠4ヶ月目のマタニティーブルー

妊娠中は、ついつい思考がネガティブになりがちで、すぐに泣いたり落ち込んだり。マタニティーブルーもある程度は仕方ないです。

待ちに待った胎動

妊娠17週目のこと。ついに待ちに待った胎動の始まりです。それからは、自分の身体が母体であることを自覚した生活を送りました。

帯祝いで服帯を巻く

帯祝いという儀式から服帯を巻くようになりましたが、おかげで赤ちゃんが下がったり、腰痛に悩むこともありませんでした。

イチゴ大福にはまる

妊娠中の体重増加を管理するために助産院から指導はされていましたが、イチゴ大福にはまっていることは内緒にしてました。笑

妊娠線対策にオイルマッサージ

妊娠線が防げるのだったらケアしよう!ということで、ホホバオイルなどを使って風呂上りのオイルマッサージを始めました。

妊娠7ヶ月目に逆子と診断

妊娠7ヶ月目に受けた妊婦診断で、お腹の中の赤ちゃんが逆さの状態である逆子と診断され、とても心配する日々を過ごしました。

赤ちゃんに話しかける逆子解消法?

妊婦検診で逆子と診断されてから、不安になり、いろいろなアドバイスをもらいました。その中でお腹の赤ちゃんに話しかけることを実践!

逆子を直す為に!

妊娠9ヶ月目になっても逆子が直りません。逆子体操、ヨガ、お灸、腰ベルト、とにかくやれることは何でもやりました。

性別判明によって夫婦で妊娠を味わう

旦那がお腹の赤ちゃんが男か女か知りたい!と言ってきたので、エコー検査の時に性別判定をお願いしました。

妊娠9ヶ月目の不快な症状

お腹もかなり大きくなった妊娠9ヶ月目に、妊娠線や「つわり」、便秘などで悩まされました。あとは残りの妊婦生活への不安です。

逆子を治すゴッドハンド

妊娠35週目でも逆子は治らず、帝王切開手術を覚悟し始めた頃、ヨガと旦那のおかげでお腹の中の赤ちゃんが回ったのです。

エコーで逆子が直ったことを確認!

病因でエコー検査をしてもらったところ、逆子だった赤ちゃんが見事に治っているのを確認しました。やっと普通分娩できそうです!

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]