トップ >  夫婦の仲を繋ぎ止めてくれた妊娠(全21話)

産婦人科から助産院へ

三度目の検診の為、産婦人科に行った時の事です。

その日は、待合室に、椅子に座れないぐらいの人が溢れており、
チーボはひるんでしまいました。
たぶん、三時間位は待つ事になりそうで、
その日はそのまま検診を受けずに帰ってきました。

私はこの病院で出産するのかな・・・?
そんな迷いが出始めた頃でした。

以前から、自然出産の経験談をいろいろ聞いていて、
自分も自然な形で生んでみたい!という気持ちが強く、
友人の紹介で、ある助産院に見学に行くことにしました。

その助産院は、外から見たら普通の一軒家。
ピンポンを鳴らして中に入ると、
友達が「いらっしゃ~い!」とでも言うように、
助産婦さんが出迎えてくれました。

一階が診察室、待合室、調理場、バス、トイレなどで、
二階が入院の為の部屋が二部屋と、処置室兼、
時には入院室になる部屋が一室。

助産院の前は疎水が流れていて環境はばっちり!

ここで生みたい!本気でそう思って、
それ以降は助産院に通うことに決めました。

スポンサードリンク

 

< 辛かった車での新婚旅行 妊娠4ヶ月目のマタニティーブルー >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]