トップ >  夫婦の仲を繋ぎ止めてくれた妊娠(全21話)

妊娠7ヶ月目に逆子と診断

妊娠7ヶ月目の後半、妊婦検診で逆子と言われました。

その頃は、逆子はよくあることらしいのですが、
チーボは不安でたまりませんでした。

親しい友人が、逆子が直らず帝王切開したこともあって、
そのうち直るだろうと楽観的に考えることができず、
日々悩んでいました。

さらに、ちょうどその頃、主人の仕事が忙しくなって、
朝7時頃出勤して、帰ってくるのは夜中の2時3時という時間でした。

主人とほとんど話をする時間がなく、寂しい気持ちと、
また、主人の体を心配する気持ちで情緒不安定になり、
そのことも逆子が直らない原因だったかもしれません。

「妊娠7ヶ月位だったら、お腹の中に余裕があるから、
よく回るから大丈夫よ。」
「とにかく、よく栄養のあるものを食べて、
胎内環境をよくすること!」

助産師さんからは、このようなアドバイスを受け、
頑張って、食べるようにしていましたが、
一人で食べるご飯は、どうしても粗末なものになってしまうのでした。

季節が、寒い冬の1月後半だったせいもあったかも・・・

スポンサードリンク

 

< 妊娠線対策にオイルマッサージ 赤ちゃんに話しかける逆子解消法? >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]