トップ >  ヒヨの妊娠中の小さなトラブル集(全15話)

派遣先から解雇依頼?

15週で赤ちゃんが8センチになる頃でした。
仕事帰りにまたお腹が痛くなってきました。
妊娠中にお腹が痛くなるというのは、限りなく不安になります。

主人にメールして、病院に行くことにしました。
診察を受けていると主人がはぁはぁと走ってやってきました。
また盲腸かもしれない・・・と薬をもらいました。
一週間自宅で安静にしてくださいとのことで
派遣会社と派遣先に連絡を入れました。

先生の「多分大丈夫だから、ちょっと安静にしてね」という言葉で
そんなに不安にはなりませんでした。

「良かったねぇ」という主人の、携帯につけていたお揃いのマスコットが
なくなっています。

「あれ?マスコットがないよ?」と言うと
「へへ、ヒヨから途中で連絡があるかも、と思って
携帯を手に持って走ってたから、振り回しちゃって飛んでいったみたい。」
「そんなに心配してくれて、ありがとう・・・。」

マスコットがなくなったのは寂しいけど、
それは主人の愛情ゆえなのかと思うと、嬉しくなってしまいました。

一週間自宅で安静にして、仕事復帰した初日、
派遣先の人事の方と、派遣元の担当に呼び出されました。
「ヒヨさんの身体が心配なので、無理して働かなくてもいいですよ。」

ああ・・・、そうよね。
職場もこんな派遣がいるとやはり困りますよね。
「申し訳ありませんでした。でももう大丈夫です。もうご迷惑おかけしません!」
と何とか解雇はまぬがれましたが
何だか自分がずっと迷惑をかけているようで、つらくなりました。

でも、出産と育児でしばらくは働けないのだから
何とかギリギリまで働きたかったのです。
職場に迷惑をかけてしまって申し訳ないと思いながら
まだまだ働きながらの出産は難しい日本なのね、と感じました。

スポンサードリンク

 

< 自分に合った産婦人科を! 便秘に貧血でお薬たくさん >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]