トップ >  我が家の3姉妹が完成するまで(全21話)

残りわずかな妊婦生活

臨月に入り、もう残りわずかな妊婦生活
お腹は重いし、胎動は正直痛いし、とにかく
早く出てきて~と思いました。

と同時に、痛いのが大嫌いな私は「陣痛に耐えられるだろうか??
ちゃんと産めるだろうか??赤ちゃんは健康に産まれてくるだろうか??」
と不安だらけになりました。

初めての妊娠、出産。不安にならない人なんて居ないと思います。

でも出産は、代々女性が経験してきたことです。
大丈夫!私にもできるはず!と自分を励ましてきました。

37週に入り、いつ産まれてもおかしくない時期になりました。
入院の準備、赤ちゃんを迎え入れる準備、そして心の準備。

もうすぐ会えるという嬉しさと、出産への不安。
1番複雑な時期でした。

38週の検診で、子宮口が少し開いていて、
頭もすぐそこまで下りてきているとの事でした。

「今日産まれるかもね~」とお医者さんに言われ、
私はいよいよだと、期待と不安で大興奮していました。

荷物の最終チェック、
家の片づけをしていつ陣痛がきてもいいように備えてました。

そしてその夜、お医者さんの診察通り、
見事に陣痛がきて次の日の夕方に、無事ララちゃんを出産しました。
同時に17歳のママも誕生したのです。

スポンサードリンク

 

< 貧血と逆子 第二子の妊娠と不安 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]