トップ >  我が家の3姉妹が完成するまで(全21話)

第二子の妊娠と不安

ララちゃんの育児にも慣れ、
そろそろ育児に余裕が出来た頃の事でした。

ララちゃんは、生後1ヶ月から完全ミルク育児だったため、
産後2ヶ月程で生理が再開しました。

避妊という避妊はして無かったので、当然妊娠の可能性はあったのですが、
とくに2人目を意識した事はありませんでした。

産後初めての生理から、狂うこと無くきていた生理が遅れていました。
その時点でほぼ決定だなぁ~と思いつつ、
妊娠検査薬を買って試してみました。
当然陽性・・・・。

正直戸惑いました。とにかく不安。
まだララちゃんは歩き始めたばかりの、10ヶ月の赤ちゃん。

一人で手いっぱいなのに、2児の母なんて務まるのか?
また、不便な妊娠生活を送らなきゃいけないのか?
また、痛い思いをして出産しなきゃいけないのか?

自分勝手な感情ばかり頭をグルグルしていました。
もちろん、お腹の中に赤ちゃんが居るって思うだけで嬉しい気持ちもありました。

でも、手放しでは喜んであげられませんでした。今思えば、
本当にネネちゃんには悪いことをしました。

戸惑いの方が大きかったものの、「中絶」という選択肢は私達夫婦にはありませんでした。
旦那に報告したら、「んじゃ、仕事頑張らなきゃな~
なんとかなるって~」なんて言ってました。

楽天的な旦那には本当救われます。笑

引越しをしたばかりだったので、評判やらも知らないまま1番近い病院に行きました。
というより、越してきた市には産婦人科は2件しか無かったので、
選びようもありませんでした。

スポンサードリンク

 

< 残りわずかな妊婦生活 第二子の妊娠に長女が敏感に反応 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]