トップ >  我が家の3姉妹が完成するまで(全21話)

性別判明!勘違い夫婦

長女ララちゃんを出産した病院は、
トラブル回避のため性別を教えてくれない病院でした。

しかし、女の子と確信していて、
服もピンクばかり買っていました。
どこからその自信が・・・・。笑

予定(?)通り女の子が誕生し、
ますます自信を付けた勘違い夫婦。

2人目は、男の子とすっかり思い込んでいました。
男の子の名前を決め、お腹に語りかけていました。

7ヶ月の検診の時、性別が判明しました!!
「ん~、女の子だね。」「んッ?まさかぁ~」

エコーを見たら、素人でも判る位はっきりとオマタ
が写っていました。お医者さんは丁寧にも、エコー写真
ボールペンでなぞってくれました。笑

私達は、ようやく勘違い夫婦だと気がつきました。笑
「生まれるまでは100%ではない。」と微かな期待をしつつ、
ピンクの服をまた買っていました。
勝手な思い込みで、青や緑の服を買わなくて良かった。

一瞬がっかりしたものの、
まぁ~姉妹も可愛いなと考えを改めました。

と同時に、「次こそは男の子を!」と、強く
望んだ夫婦なのでした。

一瞬でもがっかりしたのは、反省しなくては・・・。
あと、男の子の名前で呼んでいた事も。

何はともあれ、順調な妊婦生活を送っていました。
ララちゃんの時同様、貧血はありましたが、
妊婦にとってはしょうがないのかな?と考え、
薬と食生活で治していました。

胎動も強くなりいよいよ体がきつくなってきました。

スポンサードリンク

 

< 転院、預け先、ベビー用品 妊娠中期の日帰り旅行 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]