トップ >  マイペースな妊娠生活(全14話)

ガードルタイプとサラシの腹帯

妊娠5ヶ月に入った大安の戌の日に腹帯を巻く風習があるということは知っていたので、
早めに腹帯を買いに行くことにしました。

以前、先輩が妊娠したときにお母さんがサラシの腹帯を準備してくれて、
病院に持っていったら先生から
「今時こんな腹帯をする人はいませんよ」って言われたって聞いていたので、
どんなものがあるんだろうって思いながら買いに行きました。

お店では日中はガードルタイプを着用して、
寝るときには腹巻タイプを着用することを勧められたので2つ購入して、
神社で安産祈願をしてもらって検診の時に先生に見てもらいました。

すると、昔ながらのサラシの腹帯が産後も使えるので
それを準備してくるようにって言われてしまいました・・・

先輩の話とは大違いだなぁと思いながらも、サラシを購入して、
再び安産祈願をしてもらって戌の日に腹帯を巻いてもらいに病院へ行ったのでした。

巻き方は思っていたよりも簡単だったけど、毎朝毎朝巻くのは面倒だな~って思って、
実は日中はガードルタイプ、夜は腹巻を使っていたハト。

検診の時にガードルタイプをして行ったら、超音波の検査の時に
お腹にちょっとガードルの跡がついてて、それを先生が見て
腹帯をキツク巻きすぎだからもうちょっと緩めに巻くようにって注意されてしまいました。
(先生はサラシの腹帯をしていると思っていたので・・・)

次の日から、やっぱり面倒なので日中も腹巻タイプをしてみたんだけど、
ちょっと肌の弱いハトは化繊が入っていた腹巻はお腹がかゆくなってちょっと使いにくい・・・

ガードルは下着の上から着用だけど、腹巻は日中はトイレに行く回数も多いから、
下着の中に入れておかないと不便なのでどうしても直接肌に触れてしまうので、
かゆくなってしまったんです。

そこで、とうとうサラシを使うことにしたんだけど、使い始めるとこれが快適!
巻くのはちょっと面倒だけど、慣れてしまえばササッてできるし、
自分で巻き具合を調整できるのが一番良かったかな。
全然かゆくもならないし!

それからはサラシを愛用。さすがに検診の時は面倒なので我慢して腹巻タイプをして行ってたけど、
やっぱり昔ながらのものが一番いいんだなって思いました。

産後もハトはサラシの腹帯で過ごしました。
妊娠中はお腹を持ち上げるように巻くけど、産後は巻き方が逆になるだけで
自分でギューって締めれるので便利でよかったですよ。

スポンサードリンク

 

< 妊娠報告 妊娠中もパワフルに! >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]