トップ >  マイペースな妊娠生活(全14話)

妊娠中もパワフルに!

退職の条件として、
旦那から医療事務の資格を取りに行くようにと言われていたものの、
妊娠が発覚してからどうしようかなと思ってたんだけど、
資料を取り寄せると、ちょうど安定期に入る10月末から1月末の日程で、
開講される日程があったので、それを申し込むことにしました。

今まで働いていたので、妊娠したからといって家でどうやって過ごしていいのか分からなくて、
普通どおりというか、今まで以上にパワフルにハトは活動してました。

月・水は医療事務の学校に通い、木は茶道のお稽古に通い、
火・金は自分の趣味に費やすというスケジュール。

学校は電車で1駅で駅前にあったんだけど、
駐車場がないので家から駅までテキストを抱えて20分いつも歩いて通っていました。

日ごろの行いがよかったのか、3ヶ月間1度も雨が降らなかったのはラッキー!
茶道の稽古も先生の家まで30分の道のりを歩いて通っていました。

妊娠して、自転車は先生から禁止され
車の運転も家族から禁止されて免許証を取り上げられたので、
ハトの移動手段は徒歩のみ。

毎日、1時間から2時間ウォーキングをする結果になってしまったんだけど、
これはこれで結構楽しかったかな!

車や自転車だとあっという間に通り過ぎるところでも、
歩いていると小さな発見とかあったし、
毎回毎回ルートを変えて、小さい道を通ってみたりして近道とか発見したり!

歩くってこんなに楽しいんだって思い始めると、
今度はどこ通ろうかとか色々考えてワクワクしてきました。

旦那もハトに影響されたのか、会社まで自転車で通っていたのを歩いて通うようになって、
休みの日には二人で2時間くらい散歩に行ってくれたりと
それもまた楽しかったな~。

予定日間近になって叔母の家に行ってからは
毎日のように図書館に片道30分かけて歩いて行って時間をつぶしたりしてました。

もちろん本も借りて帰ることもあるんだけど、
行きは軽くても帰りは本の分だけ重くなっちゃうのが困りもん。

でも休憩しながら、時にはコンビニで飲み物を買って
プラプラ帰るのもなかなか楽しいものでした!

そうそう、医療事務の試験も出産してからはなかなか勉強できないから
絶対合格しなきゃいけないっ!

っていう後がない状態だったので、必死で勉強する結果になって、
今までにない集中力を発揮して無事合格。

もろもろ考えていい時期に頑張れたかなって思います。

スポンサードリンク

 

< ガードルタイプとサラシの腹帯 妊娠中のお酒はすぐにやめられた! >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]