トップ >  マイペースな妊娠生活(全14話)

ムクミとの戦い

妊娠期間中、血糖や淡白、
貧血の数値なども順調で何も問題がなかったハト。

旦那が国内、海外も含め長期の出張が何度かあったため
叔母が心配して何度かお世話になり行きました。

やっぱりラク!ですよね~。
いっそのこと、ずっといちゃおうかなぁとか思っちゃいました。
でもでも、困ったことが一つ・・・

なぜか叔母の家に行くとすっごいムクミがでるんです。
半端なムクミじゃなくって、足首は象さんみたいだし
足の甲もまっ平らになるくらいパンパンに腫れて
だるいし、痛いし、なんで~って感じ。

特に味が濃いわけでもなく、野菜中心でヘルシーな食事。
ハトもウォーキングはやってるし、何も生活は変わっていないのにおかしい!!

しかも、ハトは自宅にいる時に結構旦那と外食をしてて、
むしろ自宅にいるときの方が味が濃いんじゃないかな、
と思って色々ムクミについて調べてみました。

ムクミって結局体内の水分バランスが崩れて余分な水分を排出できないから、
たまってブヨブヨになってくるんですよね。

そこで、体内の水分を排出するにはカリウム。
何にカリウムがたくさん含まれているのか調べてみると、
キュウリ、海藻類、キゥイフルーツ、グレープフルーツなどなど・・・

よくよく考えてみると、
ハトは朝食でカリウムの多い食品を知らず知らずの内にたくさん摂っていたんです。

野菜サラダに、レタス、にんじん、たまねぎ、キュウリ、ベビーリーフ、
トマト、貝割れ大根、ワカメ、ちりめんじゃこでボリュームたっぷり!

フルーツはキゥイフルーツを毎回1個。
それに加えてオレンジやグレープフルーツ、
りんごなど季節のものを必ず3~4種類を食べてました。

この少しずつの積み重ねで外食をしてもムクミ知らずの体でいられたんです!

叔母にこのことを話して、キゥイフルーツやグレープフルーツを食べるようにして、
めかぶとか昆布などの海藻類も食卓に出してもらうようにしました。

するとすると、効果てきめん!!
2日くらいで全くムクミが出なくなったんです。

なので臨月に入って本格的に叔母の家にお世話になる時も、
引き続きカリウムたっぷりの食事を続けて
ムクミ知らずの生活を送ることが出来ました。

ちなみに、貧血防止のために鉄分をたくさん摂ると思いますけど、
緑茶って鉄分の吸収を阻害するらしいです。
なので、一緒に摂っちゃうと全然吸収されていないので要注意!

あと、きなこヨーグルト食べてる人多いと思うんですけど、
カルシウムの補給にはきなこは良くないらしいです。

きなこヨーグルト自体は体にいいんだけど、カルシウム補給を目的にしているんだったら、
これもほとんど摂れていないので注意が必要ですよ。

スポンサードリンク

 

< 妊娠中のお酒はすぐにやめられた! 妊娠中の満員電車 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]