トップ >  マイペースな妊娠生活(全14話)

買い物のしすぎで切迫早産の可能性

運動のため!と思って妊娠期間中はひたすら歩いてたハト。
買い物もちょっと離れたスーパーへ歩いて行ってました。

買い物はだいたい週末にまとめて買って、足りないものを買うという感じ。
歩いて買って帰るにも苦にならない荷物の量でちょうど良かったんです。

でも、ちょっと調子に乗りすぎて・・・
9ヶ月になってすぐの頃、いつものようにヨーグルトがないからって買い物に行ったんです。

ヨーグルトだけにしておけばよかったのに、
この日に限ってあれもこれもついでにって買っちゃって・・・
500グラムのヨーグルト3つと、パイナップルの缶詰2缶、グレープフルーツ7玉になってしまいました。

買い物してるときはカートだから重さを感じないんですよね。
家からスーパーまで徒歩で約10分なんだけど、荷物を肩にかけて歩いてるとずっしり重い!
途中で何度捨てて帰ろうかと思ったことか。

その時は何ともなかったんだけど、お風呂から上がって寝る準備をしてる頃からお腹が痛い・・・
張ってる感じもするし、何より足を踏み出すだけで痛い。

ちょうど次の日朝一番から検診だったので先生に聞いてみようと早々に寝ました。
で、先生に話をすると「切迫早産の可能性があります」って言われて、外出禁止。

妊娠37週以降はいつ生まれてきても大丈夫だけど、
それより早く生まれると赤ちゃんに色々と問題が起きやすいからって、
ウテメリンっていう早産防止のための薬を処方されて、
自宅安静を言い渡されてしまいました。

自宅安静って言っても別に病気でもないし、ずーっと寝てるのも疲れて・・・
要するにおとなしくしてればいいんだろうと、ベイビーの洋服を作ることにしました。

すぐ近くに大きい手芸センターがあるので生地を買って、
毎日毎日せっせと肌着とかロンパースとか、オムツケース、マザーバッグなどなど・・・

次から次へと量産していって、最後に一番の目的だったセレモニードレス一式を作りました。
家事もできるだけ控えるようにって言われてたので、これしかやることがなく、
ほとんど朝から晩まで作り続ける日々。
おかげでベイビーのものはほとんど買わずにすみました!

そうこうしている内にあっという間に1ヶ月が過ぎて、臨月に入り自宅安静は解除。
逆に臨月に入ってからは出産の兆候がなくなってしまいました・・・

先生には「初産の人にはよくあることですよ」と言われて、今度は逆によく歩くようにって。
臨月に入ってからは、(もちろん重いものはもたず)毎日2~3時間歩く日々が続いたのです。

スポンサードリンク

 

< 妊娠中は目薬にも気をつけて! 超安産だった初産! >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]