トップ >  マイペースな妊娠生活(全14話)

超安産だった初産!

出産予定日が過ぎても出産の兆候がないハト。
子宮口も1センチ開大のまま日にちだけが過ぎていきました。

予定日が4日過ぎた4月23日に検診に行って、
先生に予定日から1週間経った26日までに出産をしていなかったら、
赤ちゃんが弱ってくるので、入院してもらって出産させますって言われました。

その日の夜9時ごろに旦那に電話で検診の結果を報告して、11時くらいに就寝。
眠りかけてウトウトしかけた頃に、お腹が痛くて目が覚めてトイレに・・・

時計を見ると12時ちょうど。
あ~まだ1時間しか経ってないじゃん!って思って再び寝たハト。

10分後、またまたお腹が痛くて目が覚めてトイレへ。
便意があったので、下痢になったんだと思って、横になってまたトイレに行きたくなるのを待ってました。

また10分くらい経ってお腹が痛くてトイレへ。これを1時間くらい繰り返していました。
でも何を思ったのか、最初のトイレから時間をずっとつけてて、みると規則的に10分おき。

もしかして・・・って思ったけど、検診で先生に出産の兆候がないって言われたばっかりだったし、
本当に下痢っぽかったし。
もうちょっと様子を見ようとそれから1時間半くらい一人でトイレとベッドを往復してました。

でもさすがにこれはちょっと違うかなと思って叔母に伝えたら、
「下痢だったらごめんなさいって帰ればいいんだから、病院に連絡しよう」って連絡をしました。

すると5分間隔になったらまた電話してくださいって言われ、あっさり切られてしまいました。

電話をしてからしばらくして5分間隔になって、出血。
「“おしるし”が出たから陣痛よ!」って叔母は再び電話をして病院へ行く事になりました。

病院へは車で2~3分なので、すぐに到着。
午前3時前でした。

助産師さんの診察があり、子宮口が3センチ開いているということでした。
でもハトは初産。
この程度だと24日中に生まれるかどうかだから、様子を見て一度家に戻ってもらうかもと言われました。

その後、陣痛室へ移ってベッドで叔母に腰をさすってもらっていながら休んでいました。
4時ごろ、トイレに行きたくなって立った途端に大量出血!!

びっくりして助産師さんを呼ぶと、子宮口が7センチ開いてきているので入院をすることに。
「初産なので午前中に生まれたら安産ですよ」って言われて、
6時頃に叔母は旦那へそのことを電話してくれて、朝10時頃に病院へ来てもらうことになりました。

ちょうど叔母が電話をかけに行っている頃に陣痛がひどくなって、
イキみたくなくてもイキんでしまう・・・

どうしたらいいんだろうと思ってると、様子を見に来てくれた助産師さんが、
赤ちゃんがもう降りてきているからすぐに分娩室に行きましょう、
ということで6時半に分娩室へ移動ました。

2回イキんだら「頭が見えてますよ」って言われて、
「もうですか??」って聞いたハト。

それくらい余裕があったんです・・・
3回目で赤ちゃんが出てきました。
6時56分でした。

超安産!
陣痛の最中も波と波の間はウトウトするくらい。

思ってたほど陣痛も痛くなくて、赤ちゃんが出てくるときも全然!
ちょうど夜中から陣痛が始まって、夜明けくらいに生まれてきて、
そんなに痛くなかったから本当に夢の中の出来事のようでした。

スポンサードリンク

 

< 買い物のしすぎで切迫早産の可能性
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]