トップ >  たっくん2人目☆妊娠記録(全19話)

娘からのシグナル

つわり」のあまりのヒドイ症状に、たっくんは、
もう自分のことで、精一杯になってしまいました。

朝から晩まで、いや、夜中も合わせると、
1日中、嘔吐の毎日の連続です。

気持ち悪さを押さえて、食べても、全て嘔吐してしまいます。
胃酸を吐き続ける毎日です。

1歳半の娘は、そんな悪阻で苦しんでいるママを毎日毎日、見ているのだ。

自分のママが、トイレで嘔吐する姿。
車を運転しながら嘔吐する姿。

娘と食事を一緒に食べることは、もはや、することはできませんでした。

まず、食卓に一緒には座ることができません。
なぜなら、食べ物を見ただけで、私は気分が悪くなってしまうのです。

娘の食事をテーブルに並べることだけで、精一杯です。

そんな時・・・

ご飯大好き!
食べ物は何でも大好き!
病気もほとんどしない!

という、我が娘が・・・

朝食に手をつけないのだ。
もしかしたら体調が悪いか、熱でも出たのかと、思いました。

違いました・・・

「ママ、たべよ」
そう言われたのだ・・・

スポンサードリンク

 

< 悪阻ドライブ~会社のトイレに引きこもり 娘の食事放棄 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]