トップ >  悪夢の妊娠期間(全12話)

低価格で出産できる産婦人科

8ヶ月に相手の一方的な決断で母子とも放り出され、
我が子に生きる希望を与えられ、泣いてばかりはいられずに、

低価格で出産できる場所がないか?
とまずイエローページの産婦人科をかたっぱしから、
一軒ずつ電話で費用がどのくらいかかるのか聞きまくりました。

どこも40万~が多く、最悪なことに私の場合は父の会社の保険に入っていたので、
個人的に国民保険など支払ってなかった為に、
国からの出産費用手当て対象外だったので、まるまる実費。

最悪で、それも出産費用がそんなにかかるものだとも知識がまるでなかったほど、
頭の中はすっかりアナログ化され、
母が私を産んだときの時代の値段でずっといると思い込んでました。

さて、ほとんど思いもよらない高額な出産費用に面食らいながら、
やや衰弱し気味で最後に電話を半分あきらめかけながらしたところが、
産まれて出てきた時のテープと退院時の成長テープと写真一枚含め、
全部で37万円があり、横浜にある柳沢産婦人科なんですがそこに決めました。

院長も助産婦さんたちもいい方々で、小さい建物で、
シャワー室などないので夏出産はキツイとおもいますが、
幸運にも私は11月と涼しい時期出産だったし、
そうでなくとも、お金がないのでそこに夏でも決めていたでしょう。

家でお産のほうがまだ安かったのですが、
産気ずく時なんていつくるのかはっきり分からないので、
先生が不在の時にすぐにはかけつけられないこともあるみたいなことを言われ、怖くてやめました。

もちろん、私が電話したとこがたまたまそういうだけのことだったかもしれないので、
実際、自宅で自然な形でお産してるひとも多くいるのでご安心を。

お世話になる病院をまずは見つかったのでほっと安心し、
その資金は婚約破棄相手の責任もあるので、相手も20万は友人などふくめかき集め、
私は私で親友から残り17万を借り、
あとは順調にお産ができればとほっとする間もなくお産に対しての不安がよぎりました。

スポンサードリンク

 

< 妊娠8ヶ月のシングルマザー 親友の熱い友情 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]