トップ >  充実!マタニティーライフ(全15話)

初孫を楽しみに待つ気の早い母親

気の早い私の母親は、頻繁に電話をしてくる。

やれベビー布団を買っておいただの、なんだのって。
この間は相談もなく勝手に、布オムツ一式を買ったという。
私、紙オムツ使うつもりだけど・・・。

その一言に怒り爆発らしく、見た目に若作りで気も若いのに
なんで子育てに関してはこんなに古風なのか・・・。

絶対に布を使いなさいと言って聞かないので、手に負えない。
実家で世話になる以上またまた素直に従うしかないかぁ。

そう諦めていたら、今日はせっかくの休みだってのに、
朝から電話が又なった。

男の子が産まれる夢をみたから、男だと言い出した。
私は初めての子供だしどちらでもよかったので、
サプライズを楽しもうと性別は聞かない事にしている。

なにの又見た夢を細かく話し出し切る余地すら与えてくれないのだ。
よほど男の子が産まれて欲しいと見えるが、
私は本当にどっちでもいいのだ。
2時間好き勝手に話されたお陰で私は朝食を食べそびれた。

それに引き換え大ちゃんの母は控えめである。
どちらにとっても初孫で非常に楽しみにしてくれている。

実家に行ったら、必ず大量にご馳走を食べれて幸せだけど、
そのせいで太ったのも少しは関係アリだな・・・。

この間は大ちゃんの赤ちゃんの時の写真を見せてくれた。
ちなみに大ちゃんの顔は薄い。しかし私のタイプである。

赤ちゃんの頃も、めちゃくちゃ可愛かったので、
こんなかわいい赤ちゃんが出てきますように・・・・

スポンサードリンク

 

< 妊娠7ヶ月目の赤ちゃんの心音 妊娠8ヶ月目で退職してからのマタニティーライフ >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]