トップ >  ニンプまっしゅが行く!(全11話)

憧れのウェディングドレス

できちゃった結婚だったため、結婚披露宴や挙式は行いたくないと駄々をこねたまっしゅ。
旦那はやりたかったらしいのだが・・・安定期に入ったとしても体に負担はかけたくなかった。

でも・・・ウェディングドレスは着たい。

そんな想いから旦那に我が侭言って、安定期に入ってすぐの頃に結婚写真を撮りに行った。
数ヶ月前にできちゃった結婚をした2つ下の従姉妹夫婦と一緒に・・・。

撮影の前に衣装選びでウェディング専門の写真館に行き、お互いに衣装合わせ。
二組とも旦那さんが選んだドレスを着ることになった。

当日は時間差で私たちのほうが先に撮ることになり、準備していたんだけど・・・。
何しろ私食べまくってしまったため太るペースが早くて、ドレス入るか心配。

でもこれが不幸中の幸い。
自慢するわけではないが、元々胸が大きかったのでそれに合わせたら…ピッタリフィット!!
ドレスはワンショルダーで、Aラインタイプ。
妊婦さんに見えないように…をこだわっていた。

柔らかめのメイクして、髪型決めてスタイリングしてもらって。
憧れだったティアラもしてもらって…もうすっかり花嫁さん♪

身支度が出来て出て行くと、従姉妹夫婦も既に到着してました。

旦那の反応は、特に大きな反応はなかった気がする。
笑いを取るのは好きなんだけど、こういうときほど不器用な人。
それが分かってたから、まっしゅは「良かった」って解釈をしてるけど(笑)

撮影が始まると旦那の照れ笑いやぎこちない動きがすごく印象的でした。
こういうの苦手な人だからね・・・。

私はというと、ドレスを着られた喜びで胸いっぱいになってた。
お腹のベビーと一緒に…それだけでも十分すぎるくらい記念になるし。
目立たないうちにとは思いつつも、いつか一緒に写真を見て、
「この時、あなたはお腹の中で一緒に写真撮ったんだよ・・・。」
と、話せる日が来るといいなって。

その後従姉妹夫婦も撮影。
従姉妹は既に妊娠8ヶ月でお腹が大きくなっていたため、ヒールで歩くのも大変そうでしたね…。
でも、夫婦ともすごく輝いた笑顔だったなぁ。

後日写真を受け取りに行き、双方実家の両親にもプレゼント。
「白の燕尾服着たのかよ~!」
と、旦那は兄弟から冷やかされていたけどね(笑)

一番幸せだと思ったその結婚写真。
若干ふっくらした体を見て、やっぱりマタニティママの姿だなぁって。

旦那、ワガママ聞いてくれて本当にありがとう。
とっても幸せな写真が撮れて嬉しかったよ!!

スポンサードリンク

 

< 食べづわりと頭痛のつわり 眠気に勝てない・・・ >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]