トップ >  長かったようで短かった妊婦時代(全11話)

逆子が治って、性別も判定しました。

2週間後、
「今度こそ性別解るかなぁ」と期待する気持ちもありましたが
出来るだけ期待しないように行きました。
でも早めに病院に向ってしまいました。

今日も2週間前と同じ放射線技師の方。
超音波を持つ前に、お腹を見ただけで

「逆子なおってるんじゃない?」と一言。

エコーの画像で確認すると、本当に治ってました~~。
触ってもないし、見ただけで解るもんなんですね。

お腹が張るから安静にと言われていたので、
逆子を治す体操もしてないし、赤ちゃんが自分で逆子を治してくれたと言うことで…
赤ちゃんにもビックリ&感謝です。

「性別わかりますか?」と聞いたら
「婦人科の先生に聞いてね」と技師さん。

どうやら解ってるようですが、
婦人科の先生じゃないと教えられない様子。
なので、急いで婦人科へ。
でもいつものように診察まで待ちました。今日は1時間半…。

待ちに待った、性別を教えてもらう時がやっと来ました!!
女の子が絶対にいいと思っていた私ですが、
この日だけはもうどちらでもいいと本当に思いました。
(でも、実はすでに1着ピンクの服を用意しちゃってましたけど 笑)

診察が始まってもなかなか性別については触れてくれない先生。
こっちから聞こうかなと思った時、
「性別言いましたっけ?」と。

待ってました~!!

結果は…

私の希望通りの女の子!!

でも女の子は、男の子って可能性もあると聞いていたので
「絶対ですか!?」と聞いた私。
「ん~80、いや90%かな…次回エコーの時、
一緒に見て、教えてもらうといいよ」と。

とにかく90%でもやっと性別判明して一安心です。
私は31週目に性別が解りました。

スポンサードリンク

 

< ショックが原因で入院? 妊娠34週目に性別を確信! >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]