トップ >  長かったようで短かった妊婦時代(全11話)

妊婦生活最後の日

私が入院したのは、分娩室の隣りにある『陣痛室』
普通は陣痛が始まってからこの部屋に通されるのですが、
私はここで陣痛を起こすのです。

まず1日目。
午後から陣痛誘発剤の点滴を打つことに。

左腕でお願いしたのに失敗されて右腕に点滴をすることに。
点滴は夜中ははずされるけど、針自体はこのまま…。

右腕が痛くなってきて針も抜いて欲しくて頼んだけど、
却下され…痛みに我慢したままなんとか寝ました。

が!!ここは陣痛室。
陣痛が始まった妊婦さんがやってきます。

ちょうど夜中に1人やってきて、
看護師の出入りも激しくて全然眠れないぃ…。

出産したら寝不足の日々が始まると言いますが、
私は出産前から寝不足になってしまいました;;

2日目。
やっと眠れたと思ったら…6時に起こされました。
針がささったままの右腕が痛い痛い。
見ると思いっきり腕が腫れてる。

朝食を取るにも腕が思うように動かなくて一苦労。
旦那様が来てくれたので、
助けてもらいながらやっとのことで食べたくらい。

午後、どうしても我慢できなくなり、涙が出た程。
点滴交換してもらう際にもう一度左腕に替えて貰えないか頼んでみると
左腕にしてくれるじゃないですか!

しかも全然痛くない~。
昨日頼んだ時は却下されたのにぃ、一日我慢した私って…。

これで楽になった!とトイレに立ち上がったら、
「プチッ!!」

あれ?変な音が聞こえたなぁ、と思ったら破水。
破水した途端、陣痛が始まりました。

よく、20分間隔とか、10分間隔とか聞きますが
私はいきなり5分間隔もない陣痛!!!
トイレに行くにも途中で陣痛が来て動けなくなり大騒ぎ。

これから4時間、陣痛室で耐え、
やっと分娩室へ通されるのでした。

スポンサードリンク

 

< 出産予定日過ぎたけど…
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]