トップ >  長かったようで短かった妊婦時代(全11話)

いざ婦人科へ!

妊娠して初めての婦人科…本当に緊張でした。

まず、問診表を書いて、検尿をするように言われました。
そっ、それが…

「紙コップに入れてココ(受付)に持ってきてください」と言われ…
正直「えっ!?」と思いました。
だって、トイレは待合室の隅にあり、
トイレから待合室を通らないと受付にたどりつかない…。

待合室は、私が予想していた以上に、付き添いの旦那様達が多かったのです。
他にどうしようもなく仕方なく持って行きましたが…。
もうちょっと配慮があってもいいんじゃないかなぁと思ってしまいました。
(このこともあり、この病院はこれっきりになりましたが。)

ついに診察へ。
ちょっと大丈夫!?ってくらい、おじいさんの先生でした。

内診台も初めて体験。
器具を入れられたのですが、それで赤ちゃんを確認し、
写真を撮っているようでした。
痛くないと言われたけれど、緊張しているとどうしても力が入ってしまい、
私はたまに痛みを感じました。

その時は、病院に行くのが早すぎて残念ながらまだ赤ちゃんは見えませんでした…。
妊娠検査薬では陽性でした」と伝えていたので
「まだ早すぎるよ。多分妊娠してるんじゃない」というそっけない返事。

ドラマみたいな「おめでとうございます」と言う言葉を聞きたかったんですけどね。
言ってはもらえませんでした…。
妊娠した時、病院行くのって早ければいいってものではないんですね;;

次回は3週間後に健診に来るように言われました。
その頃にはきっと赤ちゃんが見えるはずだと…。

スポンサードリンク

 

< 妊娠に気付いた時… 赤ちゃんの姿とつわり生活 >
少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 妊娠初期からの体験談のトップへ ]