トップ >  母子健康手帳の基礎知識

母子手帳をもらうメリット

母子手帳と一緒にもらえる物

母子手帳の交付を受けると、検診が無料になる券などがもらえます。
これも自治体によって異なりますが、
一般的に母子手帳と一緒にもらえる物を紹介していきます。

公費負担用紙

公費負担用紙で妊婦検診が無料

公費負担用紙は、妊婦さんが病院で受ける
有料の検診費用を、無料にすることができるチケットのことです。

具体的には、

  • 妊婦検診券
  • 乳児検診券
  • 新生児の予防接種

などをもらうことができます。

もらうことのできる枚数も、自治体によりバラつきがあるのですが、
2枚もらえる自治体が多いそうです。

妊婦さんが受ける検診は、何種類かあり、
その種類によって検診費用が異なります。

例えば、血液検査は、他の検査よりも、
費用が高くついてしまうため、
病院の方から、血液検査の時に「妊婦検診券」を使用するように
勧めてくる場合もあります。

「公費負担用紙」は、なるべく費用が高い検査や検診の時に利用するのが鉄則です!

自治体の案内

自治体の妊娠、出産、育児に関する案内や冊子なども、
母子手帳と一緒にもらうことができます。

役立つ情報が掲載されていることも多いので、
目を通しておくとメリットがあるかもしれませんね。

また、任意の参加となりますが、
母親学級へ参加することができるようになります。

スポンサードリンク

 

< 母子手帳の交付(もらい方) 母子手帳交付の前に入籍は必要? >

少しでも悩みのある妊婦の方へ⇒妊婦の悩みを解決するサービス(まとめ)

[ 母子手帳ケースのトップへ ]

サイト内検索

モバイル母子手帳ケース

当サイト情報