妊婦が喫煙することによる胎児への影響を調べているあなたへ!

このホームページを見て、妊娠中の喫煙が、
妊婦の身体や胎児にどのような影響があるかを調べているあなたは、
「本心では、たばこをやめたがっている」のだと思います。

まったく気にしていない人ならば、妊婦がタバコを吸うと胎児がどうなる?
なんていうことは、まったく気にならないので、当サイトを見るわけがありません。
だから、あなたには既にお母さんとしての気持ちが芽生えているんだと思います。

実際、私も先生から「たばこを吸う度に胎児を虐待している」と言われるなどして、
お腹の赤ちゃんのことを思い、何度、禁煙しようと思ったかわかりません。

ですが、禁煙のストレスや日常生活のストレスにより、結局、やめることができませんでした。

あなたも妊婦が喫煙をしているということで、周囲から白い目で見られたり、
「健康な子を出産できない」「奇形児が生まれる」などと、言われているかもしれませんね。

だから、あなたは「妊娠中に喫煙しながら、出産しても健康な子供が生まれる。」という
ポジティブな情報を探しているのではないでしょうか?
私も同じような体験をしてきました。

確かに、よくよく調べていくと、低体重での出産や、早産、流産の確率が高かったり、
先天障害を持って生まれてきやすいという統計データが存在しています。
しかし、喫煙しない妊婦でも、ある程度の確率で上記のようなことが起こっているのも事実です。

実際そうなったとしても、たばこを吸っていたことが原因だとは、誰もわからないのです。

それをふまえて、ある知人の話をしたいと思います。
私の知人は、脳に障害のある赤ちゃんを出産しました。

知人は、妊娠しながら喫煙をしていましたので、それが原因だと思い、
今も、自分を責め続ける毎日を送っています。

実際は、タバコが原因かどうかはわかりません。
ただ、原因がわからないからこそ「たばこを吸っていなければ。」
という後悔がうまれてくるのも事実です。

喫煙している妊婦の流産の確率が○%で、していない人でも△%なら「まあいいか。」
という表面上の統計データではなくて、実際に流産してしまった時、
未熟児で生むことになった時、先天障害を持った子供が生まれた時に、
喫煙を理由として、自分を責め立てるのが良いのか?
妊娠中だけ禁煙するのが良いのか?

私も、もしタバコが原因で何らかの病気を持つ子供が生まれたら、
きっと自分を後悔じゃ済まないほど責めていたと思います。

このホームページが、喫煙に関して、考え直す機会になれば幸いです。

 

妊娠中に喫煙を続けた人の割合

喫煙者の方が妊娠をして、そのまま妊婦になってもタバコを吸い続けた方が、世間にどれくらいいるかご存知でしょうか?

厚生労働省の調査結果によると、妊婦の5%が喫煙しているのだそうです。決して多い数字とは言えないですが、100人の妊婦がいて5人もタバコを吸っている。と考えると、見逃せる数字ではないと思います。

この数値を下げる為には、やはり妊娠する前からの周囲の啓発が必要のようです。つまり、家族がいれば、親がきちんと注意してあげなければいけないということです。

もちろん子供とは言え、多くの方が成人した女性だと思いますので、親も「もう本人に任せてある」という考えの方も多いと思います。それでもやはり最後の親の責任として、しっかり教育をしてあげて欲しいなと思います。

親ができなければ、夫がするべきだと思います。生まれてくる赤ちゃんが損をしてしまうことは、やはり夫としても見逃せないことなのではないでしょうか?

ちなみに、飲酒率の方は8.7%と喫煙率よりも少し上がってしまいます。これはタバコの方が悪影響の度合いが大きいと考えられているからだと思います。

データには無いですがコーヒー(カフェイン)の場合は、もっと数値が上がってしまうことでしょう。

これらのものは全て習慣化されたものであり、一種の中毒なので簡単に止めることは難しいことは本人も周囲もわかっていることだと思います。ですが、それでも赤ちゃん本人がどうにもできないことなので、自覚を持って母親になるあなたがシッカリと取るべき行動を取らないといけないことなのだと思います。