トップ >  後期の心身の変化

妊娠生活の最後の一ヶ月

臨月を迎えたときの心境

とうとう来ました!
妊娠生活最後の一ヶ月が・・・

周りは言います。
『妊娠してる時が一番幸せだよ!ゆっくり出来るし、
多少の我侭も許されるし』って。

でも当の本人は・・・
『私には妊婦生活は絶対向いてない!
毎日思うように動かない体に苛々する!!!』って感じでした。

そして、色々な不安もあったけど、
もう臨月に入ると開き直り
『もう早く出したい!』って程に苦しかったです(体が)

そんな苛立ちもある中、やっぱり単純に
『早く我が子に会いたい』って気持ちも大きくなりました。
そして毎日毎日
『どうか健康で五体満足な子が生まれてきますように』
と本気で祈り続けました。

呼吸法の練習 あと、呼吸法!
全く教わってないし、本に書いてあってもよくわからなくて
練習もしてなかった。
『大丈夫か?ちゃんと産めるのか?』
気がかりでしたね・・・

でもって母性本能?
あまり無かったような・・・

お腹に話しかけるのだって、
たま~に気が向いた時チラっと程度。
よく旦那さんもお腹に向かって話しかけたりする光景を
目にしますが、うちの旦那はそんな事してませんでした。

でもお腹が動くと嬉しかったしほっとしました。

猫達の思いも最大に大きくなりました。
時々、猫達と生まれて来る子供の事を考えて
あまりに複雑な思いで切なくて涙を流す夜もありました。

こんな気持ちで我が子を迎える自分にも、
悲しくなったりで・・・

スポンサードリンク

 

< 妊娠後期の便秘対策 臨月の身体の変化 >

読むだけでタバコが吸いたくなくなるテキスト

[ 妊娠中の喫煙のトップへ ]