トップ >  入院生活

育児合宿のような入院生活

育児の勉強は入院中に学びました。

初めての育児 入院中は母子同室でした。
我が子の世話って言うか、一人ひとりに生まれたばかりの子供を与え、
育児の訓練をしてるかのような、
まるで我が子を育ててる感覚は無かったんです。

分からない事だらけ。
笑われるかもしれないけど、シャックリしただけで
助産師さんを呼び、『シャックリが止まらないんです』
って訴えたほど・・・

ちなみにしゃっくりはほっといたら自然に止まるので何の心配もありません。
気になるようなら母乳を一口二口飲ませると、すぐに止まりますよ。

ホント育児合宿してるみたいな感覚。
でも、検診の為、
一時全ての赤ちゃんが午前中ナースステーションに連れて行かれるんですよ。

そうなると、我が子が近くにいない事に寂しさを感じましたね。

私は神経たかりなのか、入院中が一番母体を休める時なのに、
全然寝れませんでしたね。

だって、あちこちの部屋から2時間3時間置きに
赤子の鳴き声のオンパレードだったんだもの(笑)

ウチの子は、生まれた時からよく寝る子で、
しかも滅多に大きな声で泣かない。
静か過ぎて、逆に心配で、寝てる最中もちゃんと息してるか
たびたび確認したりして、自分はほとんど寝てませんでした・・・

不思議と、入院中は特にこれから家に帰って
初めての育児をちゃんと出来るのだろうか?
という不安は無かったですね。
って言うか、そんな先の事を考える余裕がなかったのかも。

スポンサードリンク

 

< 産後の食事 入院中の体調は最悪 >

読むだけでタバコが吸いたくなくなるテキスト

[ 妊娠中の喫煙のトップへ ]