トップ >  出産体験

出産

ついに出産へ!

さて、分娩台へ。とにかく踏ん張りたかった。

あんなに心配してた、呼吸法。
あんなに心配してた健康な子を!!
あんなに恐怖だった会陰切開。
そんなの、もう忘れてる!

私の頭の中は『この痛みから早く脱出したい』これだけだった。

助産師さんの『はい、いきんでいいよ~』
って言葉が、どんなに嬉しかったか(笑)

もう、呼吸法も何もかも無視していきみっぱなし!
助産師さんも『ちゃんと息吸わなきゃダメよ。
無理していきまなくていいの。
痛い時、出来る時でいいからね』
そんな言葉も無視。

息も吸うのを忘れて踏ん張りっぱなし。
『私が頑張って踏ん張れば赤ちゃんも早くラクになるんだ』
って自分に勝手に言い聞かせながら(笑)

『頭が出てきたよ!上手上手。無理しない程度で頑張って』
その言葉に私は調子にのって、もっと踏ん張り続けた。
終いには酸素マスクをつけられた。

痛み?なんて言うのかな~。
陣痛の踏ん張る直前の痛みとはまた違って、
いきめばいきむ程痛みから抜け出せるって感じ。

多分、今まで出したことが無い程の力が入ってたと思う。
腰から下がそっくり取れてしまいそうな程、
デッカイ物を出す感じ。

『はい。頭出たよ~!もういきまなくていいから
ゆ~っくり呼吸はいて~』って。
『えっ!?もういいの?』と思い、
言われるまま息をはいてたらスルスル~って・・・

『産まれた~!』って旦那。
あっ、旦那も一緒の立会いしてくれてたんですよ。
無我夢中で、旦那が助産師さんと一緒に
私の為に『ハッハッ』とかって呼吸をしてくれてたけど、
全部無視してたから(笑)

生まれた時の瞬間、一瞬何が何だか分からないけど、
ホントに不思議な事に、あんなに辛かった痛みは飛んでた。
『終わった~~~!!!』って感じでしたね。
が、私、赤子の声を聞いてない!

旦那に『泣いた?』って聞きました。
『泣いたよ、にゃ~って』と旦那。

胎児に話しかけて無かった私。
子供の聞いてた声は猫だったんだ。
ごめんね、我が子よって感じでした(笑)

超安産だった出産

お陰さまで、2月9日、予定日より5日遅れですが、
五体満足の2748gの少し小さめだけど
元気な男の子が誕生しました!!

夜中の1時ジャストの事でした。
難産だと言われていた私、病院に着いてから2時間弱で産んでしまった超安産!

安産での出産 でも、あまりのスピード出産の為、
かなりの出血をしてしまい、引き続き貧血のお薬が必要でした。

でもって、何が痛いって、お裾を縫う時ですよ!!
陣痛の時や出産の時は『痛い』なんて一言も発さなかったのに、
その痛みはまともに感じて『痛い痛い!』
と叫びっぱなしでした。

ホント痛かったですよ・・・
それが終わると、その間に助産師さん達が我が子をきれいに拭いててくれて、
私のお腹の上に置いてくれました。

なんか、これが我が子?と不思議な感覚で、
思わず笑いしか出てこなくって。
顔とかじゃなく可愛かったですね。

出産後の一服

その後、そのまま分娩台で点滴を2時間程します。

そして私は出産後何を一番したかったかって?
もちろん一服ですよ(笑)

『助産師さん、お願いがあるんですけど、この点滴が終わって
病室へ入る前に産後の一服させてください』
って言ってしまいました。

助産師さんはビックリして
『えっ!! いいけどフラフラで歩けないよ~』って。
『いいえ、歩けるような気がします』と私。

そして2時間後、待ちに待った喫煙タイム。
平気で階段を降りていく姿に助産師さんは驚いてましたね。
でも、助産師さんの言った通りでした。

一服を終えて立ち上がろうとしたら、すごいめまいが!!!
フラッフラでまた階段を上って行きました(笑)

スポンサードリンク

 

< 陣痛から出産直前 出産後の感動 >

読むだけでタバコが吸いたくなくなるテキスト

[ 妊娠中の喫煙のトップへ ]