トップ >  二児の母 - ジャンの育児日記(全7話)育児の悩み体験談Vol.1~10

入院中から育児

ジャンの育児は、入院生活から始まった。

今回が2度目の出産
学年で言えば、2年違い。
上の男の子がやんちゃ盛りな中、マーが誕生した。

ジャンは帝王切開でした。
でも、今回が出産2回目で、歳もそんなに離れていないと言うこともあって、
オムツ替えや授乳のやり方は、体で覚えていたため、
特に看護師さんから指導される必要もなく、
帝王切開の傷の痛みが少し落ち着いたころから、マーが私の病室に来た。

これが結構大変!
誰かがお見舞いに来てくれているときは、良く寝ているのに、
ジャンと二人っきりのときは良く泣いた。
いつもおっぱいが離せない状況でした。

看護師さんからは、
「母乳が良く出るから、ミルクはあげなくていいよ。
ないておっぱいをほしがったらあげてね。」
と言われていた。
でも…
看護師さんって、それぞれ人によって言うことが違うんです!
「泣いたら何回でもあげればいい。」
と言う人もいれば、
「間隔を開けてあげてね。」
と言う人もいた。

授乳だけではない。
兄弟についても…。
「できるだけ、お兄ちゃんをかわいがってね。」
と言う人、
逆に…
「下の子だって感情があるから、しっかりかわいがって。」
と言う人…。

どっちなんだ~!!??

ジャンはわけが分からなくなったけど、
それは、その状況によって対応していけばいいのかな…
って勝手に判断した。

ジャンの入院中は、お兄ちゃんはおばあちゃんに預けられていました。
退院したら、マーだけをかまってあげることはできないから、
入院中は、マーにたっぷりの愛情を注ごう!

ジャンは、睡眠不足でした…。

マーは夜中に頻繁に起きて、
泣いては、おっぱいをあげていました。
昼間はわりとぐっすり。
マーにあわせて、私も寝ようと思ったけど、
昼間は、お見舞いに来てくれる人がいたり、
先生の回診があったり…。
何かと寝る時間がない。

退院してからは、…どうなるんだろう。

これからは2児の母。ちょっぴり不安です…。

スポンサードリンク

 

愛情実感 >

[ 育児と子育て体験記のトップへ ]

サイト内検索

当サイト情報