トップ >  入園前と入園後

入園前の流れと準備

願書配布

ここでは、幼稚園に入園する前までの流れを簡単に説明します。

9月1日。
さあ、いよいよ幼稚園の願書配布の時期がやってきました。
(保育園は10月か11月だったと思います。)

幼稚園の願書 願書は、園に直接もらいに行きます。
まだどこの園にしようか迷っているのなら、
複数の園から願書をもらいましょう。

願書配布と一緒に、
幼稚園のパンフレットをくれる園が多いので、
他の園のパンフレットとも見比べながら、自分や子供にとっていい園をじっくり考えて見ます。

ただし、悩むのは1ヶ月間です!

願書提出は10月1日からですが、
人気のある幼稚園や、定員の少ない幼稚園は、10月1日に提出しに行ったとしても、
行く時間によって、入園できない可能性があります。

私の市は、
提出に来た人順に願書を受理してくれますが、地域によっては抽選のところもあります。

10月1日までに、願書の記入を済ませておきましょう。
写真を貼ったり、家から園までの地図を描かないといけない場合もあるので、
事前に願書をチェックし、準備を早めにしたほうがいいと思います。

願書提出

10月1日。
願書提出日です。

幼稚園に提出するものは、願書、入園料、検定料です。

検定料は、願書提出日か、後日入園が決定後に、
簡単な面接や適正検査があるので、そのためのものです。

検定

願書を受理された人は、よっぽどの理由がない限り、
入園決定と考えていいと思います。

検定(面接・適性検査)は、入園の合否を決めるものではないので、
その日のために、何かを頑張って練習しないといけないとかそんなことはないようです。
幼稚園はむしろ、いつもの子供の様子を見たいので、ありのままでいいと思います。

簡単に、どんな適性検査をするのか教えてくれる幼稚園があったのですが、

  • 自分の名前が言える
  • 年齢が言える
  • お父さんとお母さんの名前が言える
  • 自分でお着替えができる
  • 靴が自分で履ける

などです。

私の息子に試してみたのですが、
名前・年齢は完璧でした。

親の名前を言うときは、どうしても、
「○○くん(父)、○○ちゃん(母)」と言ってしまいます(笑)

お着替えは自分でやろうと努力していますが、上着の脱ぎ着はまだ難しそうにしています。
靴は、サンダルは自分で履けても、スニーカーは無理です!

さすがに上記のことくらいは、面接日までに練習しておこうかなと思っています!

準備

制服、かばん、帽子、体操服などは指定のところが多いので、
幼稚園側が準備をしてくれます。

でも、その他こまごましたものの準備が大変らしいです…。

何を準備しないといけないのか分かった時点で、
徐々にそろえていき、名前も書いておきましょう。

また、面倒なのが裁縫関係です!
体操服のゼッケンや、イス用の座布団カバーや、
補助バッグとして手作りのかばんが必要になってくるところもあります。

私は裁縫が得意なほうではありません。
が、無理なら裁縫屋さんに頼もうと思っています…。

スポンサードリンク

 

入園後の不安 >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]