トップ >  保育園を選ぶポイント

保育園はどこも定員オーバー

保育園を選ぶポイントとは?

ここでは、保育園を選ぶポイントに内容を絞ってお話します。

幼稚園に比べて、
子供を保育園に通わせる親は、仕事をしていたり、何らかの理由で
日中育児ができない人が預けるところなので、

託児所的な感覚で利用し、
幼稚園に通わせる親ほど、保育内容を気にしない人が多いかもしれませんが、
保育園にも、ちゃんと選ぶポイントがあることを把握しておきましょう。

―ポイント―

  1. 保育園までの距離(毎日、子供を無理なく通わせられる距離か)
  2. 安全や清潔に気配りができているか?
  3. 絵本やおもちゃが充実しているか?
  4. 保育室の雰囲気が明るいか?
  5. 園庭や教室の広さは十分か?
  6. 園の保育方針が明確か?

共働きで保育園が定員オーバー傾向 幼稚園選びのポイントと重複している部分もありますが、
このような点が挙げられます。

少子化で、幼稚園がどこも個性を出し、
園児獲得に力を入れている一方で、
働く親が増えたことから、
保育園は、どこも定員がいっぱいなのです。

特に、0歳~2歳までの園児の入園と言うのは、
定員がかなり限られていることもあり、
希望する保育園には入れないこともあります。

市町村に問い合わせてみると分かると思うのですが、
保育園の入園を考えている場合、
第5希望まで園の名前を書かされることが多いです。

私も、近くの保育園を何箇所か知っていますが、
第5希望まで書けと言われると、頭を悩まされます…。

第五希望の保育園にも入園できない状況

同じ市に住む私の友人は、小学校教諭をしており、
現在子供が1歳なので、夏休み明けから仕事復帰することにしました。

しかし、第5希望まで保育園を書いたにも関わらず、
どの園にも入ることが、できなかったそうです。

途中入園と言うこともあったようですが、
それだけ保育園に通っている園児が多いということを、
改めて認識させられたような気持ちでした。

そう考えると、
保育園の保育方針を考えて園を選ぶなどとは言っていられないかもしれませんが、
どうせ通わせなければならないのであれば、
納得した上でいくつかの保育園を候補に挙げてみてください。

スポンサードリンク

 

保育園までの距離と親同士の距離 >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]