トップ >  保育園を選ぶポイント

保育園の園庭や教室の広さ

園庭や教室の広さは十分か?

保育園の広さ 幼稚園児と違って、保育園児は、
園で過ごす時間がとても長いです。

特に3歳~5歳の時期と言うのは、
元気いっぱいで、好奇心旺盛でとにかく動くのが大好き!
という子供が多いです。

そのため、園庭や教室が狭く、
1日中そこで過ごすとなると、息が詰まる思いですよね。

しかも保育園は園児がたくさんいます。
園庭も教室も広いのが理想的ですね。

園庭

朝、親が子供を保育園に送る時間帯は様々ですが、
基本的に全員そろってから保育園の1日というのが始まります。

と言うことは、
全員揃うまでの時間、子供にとっては自由時間なので、
外で遊ぶことが多いですよね。

また、朝の会と言うのも園庭で行う保育園が多いです。

そして、
帰りも、親が迎えに来る時間はそれぞれ異なるので、
親が迎えにくるまでの間、外で遊んだり、教室で遊んだり。

そう考えると、園庭で過ごすのは、
子供の成長過程で体を動かすための、大事な場所と言えます。

保育園は田舎に行けば行くほど、
園の広さも十分に取れるのですが、
やはり街のど真ん中、駅周辺など、都会では、
どうしても園庭を十分に設けることができない園もあります。

園庭がない保育園だってあると思います。
そういう園では、毎日近くの公園に連れて行ってくれるかを確認しましょう。

教室

主に園児が過ごすのが教室です。
ここで園児は、色々なことを学びます。
また、雨の日は1日中教室の中で過ごさなければなりません。

保育園での長い1日…。
教室も十分遊べるくらいの広さがあるといいですね。

子供というのは不思議なもので、
たとえ自分が眠たくても、眠いのを我慢して遊びたがりますよね。
本当に体を動かすことが大好きなんでしょうね。

だからこそ、子供のために十分動ける場所を作ってあげることは大事なことです。
体をいっぱい動かすことで、子供は丈夫に元気に育ちますし、
早寝早起きで規則正しい生活をすることができます。

保育園で、1日のほとんどを過ごすので、
できるだけ園庭や教室の広い園を選んだほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

 

< 保育園の雰囲気が合うかどうか? 保育園の教育方針は? >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]