トップ >  未就園児

保育園の園庭解放日

保育園の園庭解放

保育園が園庭解放する日 保育園は、幼稚園のように○○教室というような
未就園児のための教室というのは、少ないようです。

園庭解放という形で、
月に何度か遊びの場を提供しています。

内容

保育園も、幼稚園のように歌や紙芝居など、
先生による出し物はありますが、主に子供たちが自由に遊べるというのが特徴です。

ただ、私はそこで少々疑問に感じることがありました。

まず、保育園で何を教えているのか分からないということと、
本当に子供のため?と感じることがしばしばありました。

私は、次男を出産するころ、引越しをしました。
引っ越してからというもの、保育園の園庭解放には行っていません。

というのも、前住んでいたところで、
何度か園庭解放で、保育園に足を運んだことがあるのですが、
親同士のグループができてしまっているのです。

初めて保育園に行く人にとっては、なんとなく入りづらいですよね。

幼稚園のように、
次から次へと先生による出し物があれば、親も、おしゃべりよりも子供に集中するのですが、
ほとんど自由時間なので、親同士話に夢中で、
あまり子供にかまっていないような印象を受けました。

これでは、子供がその園に馴れるというより、
親が友達作りのために行っているようにしか思えませんよね。

もちろんすべての園がそうとは限らないと思うのですが、
子供同士が馴れるために遊ぶ場なら、保育園ではなくても、
児童館や、保健センターなどでもいいのではないかと思えてなりませんでした。

入園説明会

常に受け入れをしている保育園は、
入園説明会がないところが多いです。

それに、園庭解放で、幼稚園の保育内容を知ることができないのなら、
別の機会に、保育園に見学に行って、園長の話を聞きましょう。

ただ、園庭解放も、先生のことを知る分には、十分な機会だと思うので、
一度遊びに行ってみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

< 未就園児を対象とした幼稚園の教室 入園説明会と公開保育・体験保育 >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]