トップ >  未就園児

入園説明会と公開保育・体験保育

入園説明会

ここでは、主に幼稚園の入園説明会についてお話したいと思います。

時期

幼稚園の入園説明会 入園説明会が行われる時期は、
願書の配布が開始される時期に行われることが多いのですが、
中には、5月くらいの早い時期、
または、入園が決まってから行うところが多いです。

私も、5月に入園説明会が行われる幼稚園を、
候補に入れていたのですが、
いつの間にか説明会が終わってしまっていたので、
残念ながら行くことができませんでした。

そうならないためにも、幼稚園のホームページを確認したり、
直接、園に問い合わせてみるといいでしょう。

説明会内容

説明会では、園長による、教育方針などが話されます。
そのほか、お金に関すること、授業料、給食費、制服代、教材費やバス代についてです。

また、園で行われている課外教室や延長保育についてもお話があると思います。

園によっては質疑応答の時間を作ってくれるところもありますので、
分からないことは、どんな小さなことでも聞いてみるといいでしょう。

ちなみに私は、9月の願書配布時期には、
幼稚園を1箇所にしぼっていたので、その幼稚園の説明会しか参加しなかったのですが、
とてもためになる話が聞けましたし、
この幼稚園に入れようかどうしようかと言う迷いも一気になくなりました。

公開保育・体験保育

公開保育と体験保育の違いなんですが、
公開保育は、実際に園児が授業を受けている様子を見ることができる、
授業参観のようなものです。

公開保育は、入園前に、幼稚園の授業を実際に体験してもらうものです。

体験保育と言っても、普段園児が過ごしている時間と同じくらい幼稚園で過ごすわけではなく、
2時間くらい~半日くらいです。

クラス分けがされ、工作や歌など実際に体験できます。

私は公開保育も体験保育もどちらも参加したことがあるのですが、
公開保育のほうが、より参考になると感じました。

実際に園児が授業をしている姿を見て、
先生がどのように対応しているか、先生がみんなを惹きつけるような授業をしているか、
年少さんはどの程度しっかり先生の話が聞けて、
年長さんになると、どれくらい成長しているか見ることができるので、
見ていてとても興味深いものでした。

体験保育は、入園が決定してから行う場合もありますので、
ぜひチェックして参加してみてください。

また、親切な園では、公開保育・体験保育の日以外にも見学させてくれる場合があるので、
聞いてみるといいと思います。

スポンサードリンク

 

< 保育園の園庭解放日 園選びの重点の置き方 >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]