トップ >  親の悩み

幼児の家庭学習は?

園ではほとんど勉強しない。家での対策は?

公立保育園や公立幼稚園で、
「子供がほとんど勉強しない。」

こんな悩みが出てくるかもしれません。

確かに、私も、もし自分の子供を園に入れて、
遊び以外何一つ覚えてこなかったら不安になると思います。

しまじろうで家庭学習 ちなみに、息子はまだ就園前ですが、
幼児教室、英語教室に通わせ、
家では、こどもちゃれんじのしまじろうの教材をやっています。

決して、教育熱心な私ではありません!
子供に将来有望になることを願って、
スパルタ教育をしているわけでもありません!

幼児教室も、ひらがなや数字を徹底的にやっているわけではなく、
親から見たら遊び感覚のような教室ですし、
英語教室も、子供が話せるようになると言うより、
先生の言葉を理解しながら、ゲーム感覚のレッスンをしています。

しまじろうの教材も、絵本やdvdなんてただアニメを見ている感じですよね。
でも、それでいいのです。
私が子供に対して目指していることはただ一つ、「集中力」なんです。

子供の意欲を引き出す!

幼児教室は、
指先を使った工作、絵本、マグネット遊び。
遊んでいるように見えても、遊びを通した工夫のレッスンによって、
息子は、少しずつ根気が出てきました。

英語教室はとても人数が多くて、
さすがにずっと集中はしていないし、ふざけることも多いのですが、
自分が興味のあるものにはとことん集中してくれます。

家では、しまじろうの教材なんですが、
この教材は、かなり助けられるもので、
トイレ、お手伝い、お片づけなど生活習慣が少しずつ身についてきています。
何より、絵本を読むことが大好きになったのが大進歩です。

この時期は勉強らしい「勉強」というのは、
そんなに大切なことではないようです。
幼児期というのは、子供の意欲を引き出すことをおうちでも取り入れるといいです。

家では、絵本を読んであげることが効果的な方法とも言われます。
絵本を読むことによって、集中力、感受性、
また、文字にも少しずつ馴れてきます。

または、料理のお手伝いなどもいいようです。
材料の分量を一緒に量って、数字の勉強にもなります。

幼稚園・保育園で勉強しなくても、
実は日常生活で、身につく材料となるものがゴロゴロ転がっているものなんです。

ただ遊んでいるだけの幼稚園・保育園に見えても、
数字覚えや文字覚えにつながる遊びをしていると思います。

家でも、身近なもので十分学習ができるのではないでしょうか。

ただ、子供に意欲をつけさせるため、
親がしっかり子供に付き合って、褒めたり教えたりすることは、大切なことだと思います。

スポンサードリンク

 

< 幼保で、勉強の差がつくの? 子供が輪の中に入っていけない >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]