トップ >  園のスケジュール

幼稚園1日のスケジュール

1日のスケジュール

ここで、幼稚園がどのような1日を送っているのか?
ということを、お話したいと思います。

幼稚園のスケジュール

スケジュールはほんの一例ですが、
幼稚園は大体このような感じでまわっていると思っていいと思います。

登園

幼稚園には、バス通園と徒歩通園があります。

徒歩通園の園児は、
幼稚園の始まる時間(9:00か10:00開始が多いと思います)までに登園します。

バス通園の園児たちは、
バス経路によって、幼稚園の到着時間が違います。

早いバスで、8:00くらい。
最終のバスで幼稚園開始の9:00か10:00に園に到着します。

早く園に着いた園児たちは、
教室や園庭で遊びながら、幼稚園開始を迎えます。

自由遊び・クラス活動

幼稚園では、まず朝の会(朝礼)が行われるところが多いです。
その後、各自の教室に移動し、自由遊びやクラス活動の開始です。

自由遊びと言っても、自由時間ではなく、
ゲーム的なものをクラスのみんなでやります。

私が公開保育に行ったときは、フルーツバスケットをやっていました。
懐かしい遊びですね。

例えば小学校では、午前中の授業が4コマあります。
幼稚園は、午前中に1コマか2コマの授業と考えてもらっていいと思います。
お絵かきの時間、英語の時間、体操の時間、歌の時間などがあります。

昼食

午前中の活動が終わったら、昼食です。
昼食はお弁当か給食です。

みんながそれぞれ机の上にハンカチ(ナプキン)を敷き、
手を洗いに行き、全員揃ったら、
日直により「いただきます」。
このやり方は小学校でも同じですね。

午後遊び・クラス活動

午後も午前中と同じくクラス活動があります。
ただ、ご飯をたくさん食べた後って、眠たくなりますよね?

午後は、午前中とは違った授業が行われると思います。
例えば園庭で体育とか…。

降園

徒歩通園の園児は、親が迎えに来てくれるのを待ちます。
バス通園の園児は、それぞれのバスに、先生の誘導により乗ります。

幼稚園の中には、バス乗車の混雑を防ぐため、
園の終了時間が年少さん、年中さん、年長さんそれぞれ5分ずつずらしているところもあります。

延長保育

今では働く親が増えているということもあって、
延長保育を行っている幼稚園が多いようです。
金額も様々で、月極、30分毎、無料など様々です。

ただ、延長保育をもうひとつの教育の場として設けているところもあるようです。

延長保育を通して、普段では習えないことを教えてもらったり、
他クラスの園児とのコミュニケーション、
年齢が違う子同士のコミュニケーションによって思いやりが生まれたりします。

仕事をしていなくても、あえて子供を延長保育に参加させる親もいるようです。

まとめ

幼稚園は、1日が短いので、親は、「もう帰ってくる時間?!」なんて
時計を見れば、あっという間に時間は過ぎているのですが、
子供は、その短い時間の中でとても内容の濃い1日を過ごしていると思います。

入園したばかりの園児は、疲れて、
帰ってきたらすぐ寝てしまうかもしれませんね…。

スポンサードリンク

 

保育園1日のスケジュール >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]